【試乗記】アウディA3スポーツバックe-トロン、上質さと落ち着いた走りは、さすがアウディ…鈴木ケンイチ | Spyder7(スパイダーセブン)

【試乗記】アウディA3スポーツバックe-トロン、上質さと落ち着いた走りは、さすがアウディ…鈴木ケンイチ

自動車 ニューモデル

アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
  • アウディ A3スポーツバック e-トロン
現在、国内で販売されるアウディの唯一のプラグインハイブリッドが『A3スポーツバックe-トロン』だ。最大出力110kW(150ps)の1.4リットルターボエンジンに、最高出力80kW(109ps)の電気モーターを組みあわせたシステムは、最大約50kmのEV走行を可能としている。JC08モードのハイブリッド燃費は23.3 km/リットルだ。

A3スポーツバックe-トロンのハイブリッドシステムは、VWの『ゴルフGTE』とほぼ同じ内容のようだが、走り味は全く異なるものとなっていた。端的に言えば、よりスムーズで、より落ち着いた走りであったのだ。

EVモードでのスムーズな走りは、力強く、十分な速さを感じることができた。通常のハイブリッドモードではガソリン・エンジンが駆動力の主役。パワーは十分にあるけれど、急かされるような感じはなく、落ち着きある走りが味わえる。ただし、よりパワーが欲しいときは、アクセルペダルをキックダウンスイッチまで深く踏み込めばモーターのアシストを得ることができる。ここでの加速の鋭さは、ゴルフGTEと遜色ないものであった。

マックスの速さでいえばゴルフGTEと変わりはないけれど、通常モードでのしっとりとした落ち着きある動きや上質さがA3スポーツバックe-トロンならでは。とはいえ、469万円に値下げしたゴルフGTEに対して、A3スポーツバックeトロンは564万円。ブランド価値の差としては、ちょっと大きすぎるような気もする。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★

鈴木ケンイチ | モータージャーナリスト(日本自動車ジャーナリスト協会会員)
新車のレビューからEVなどの最先端技術、開発者インタビュー、ユーザー取材、ドライブ企画まで幅広く行う。特に得意なのは、プロダクツの背景にある作り手の思いを掘り出すインタビュー。

【アウディ A3 e-トロン 試乗】上質さと落ち着いた走りは、さすがアウディ…鈴木ケンイチ

《鈴木ケンイチ@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top