トヨタ次世代燃料電池自動車「FCVプラス」、パリで欧州初お目見え | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ次世代燃料電池自動車「FCVプラス」、パリで欧州初お目見え

自動車 ニューモデル

トヨタ FCVプラス
  • トヨタ FCVプラス
  • トヨタ FCV プラス
  • トヨタ FCV プラス
  • トヨタ FCV プラス
  • トヨタ FCVプラス
トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは9月13日、フランスで9月29日に開幕するパリモーターショー16において、『FCVプラス』を欧州初公開すると発表した。

FCVプラスは2015年秋、東京モーターショー15でワールドプレミア。同車は、『MIRAI』を市販したトヨタが、将来の燃料電池自動車の方向性を提案したコンセプトカー。

水素エネルギーが普及したサステイナブルな社会を想定。燃料電池自動車(FCV)は、単に移動するためにエネルギーを消費するだけではなく、社会に分散する電源にもなる新たな役割を担う。

FCVプラスはまず、水素から電気を作ることが可能。さらに、作った電気を社会に供給。そして、発電を未来に続けていく。

FCスタックはフロントタイヤ間に、水素タンクはリアシート後方に搭載。4輪インホイールモーターを採用し、コンパクトなボディサイズに広い室内空間を実現した。また、機能部品を車両の前後に集約する次世代FCVパッケージにより、最適な重量バランスと広大な視界を創出している。

【パリモーターショー16】トヨタの未来形燃料電池車、FCVプラス…欧州初公開へ

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top