ハマの番長・三浦大輔、24年間の現役生活に幕...「勝てなくなった」 | Spyder7(スパイダーセブン)

ハマの番長・三浦大輔、24年間の現役生活に幕...「勝てなくなった」

スポーツ 国内

三浦大輔、引退決断は「勝てなくなったから」
  • 三浦大輔、引退決断は「勝てなくなったから」
  • 三浦大輔、引退決断は「勝てなくなったから」
  • 三浦大輔、引退決断は「勝てなくなったから」
  • 三浦大輔、引退決断は「勝てなくなったから」
横浜DeNAベイスターズの三浦大輔選手が20日、引退会見を横浜で開いた。


Q&A

---引退会見後に登板があります。どのような思いでしょうか。

昨日も本当に後輩たちがたくましく見え、嬉しく思いましたね。次の登板もありますので、しっかり準備して勝てるように、そういうところを見ていただきたいなと思います。

---なぜリーゼントにしているのでしょうか。きっかけは

トレードマークのリーゼントは、単純に好きだというだけですけどね。プロに入ったときに目立ちたいなと、注目されないと使ってもらえないので、注目されたいと思ってこだわってきました。野球に対してはちゃんとやるぞと、それだけのことですけどね。

---矢沢永吉さんをリスペクトされていますね。

矢沢永吉さんは中学生のことからずーっと大好きで、歌に励まされて勇気もらいながらやってきましたね。僕のなかではバイブルではないですけどそんな存在です。

---三浦選手にとってファンとは

三浦大輔にパワーをくれる存在ですね。どんだけ助けられたかということです。お客さん少なくて苦しいときもありましたけども、どんなときも見捨てずに応援してくれた。グランドに物を投げられたときなどもありましたが、苦しいときも戦ってくれたチームメイトだと思います。

---引退決断のタイミングは

まだできるという思いがどっかであると思うんですけども、けじめをつけないといけないなと思いました。

今年勝てば24年と続きますが、8月まで勝てなかったことは僕の中で大きかったですね。そのなかでは甘えちゃいけないなと。勝てなかったらやめると。いろんな葛藤はありましたけども、勝てなかったらやめるという単純なことですね。

三浦大輔、引退は「けじめ。甘えちゃいけない」

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top