『ブリジット・ジョーンズの日記』最新作、世界で大ヒットスタート! | Spyder7(スパイダーセブン)

『ブリジット・ジョーンズの日記』最新作、世界で大ヒットスタート!

映画 公開情報

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 (C)Universal Studios.
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 (C)Universal Studios.
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 (C)Universal Studios.
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 (C)Universal Studios.
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 (C)Universal Studios.
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 (C)Universal Studios.
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 (C)Universal Studios.
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』ポスタービジュアル (C)Universal Studios.
レニー・ゼルヴィガー演じるアラフォーになったブリジットが、人生最後(?)のモテ期を迎えるシリーズ最新作『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』。このほど、日本に先駆けて公開された本作が世界24の国と地域で週末興行収入ランキング第1位を獲得、本国英国ではロマンティック・コメディ史上No.1のオープニング成績を記録したことが分かった。

アラフォーになったいまも、なぜか独身のブリジット(レニー・ゼルウィガー)。かつて愛したダニエル(ヒュー・グラント)はなんと飛行機事故で死去、5年前に別れた元カレのマーク(コリン・ファース)にはすでに妻が…。一方、新進IT企業社長のナイスガイ、ジャック(パトリック・デンプシー)との新たな出会いが訪れ、ブリジットは再び、2人の男性の間で揺れ動くことに――。

恋もキャリアも大事という“崖っぷち”アラサー大人女子を描き、世界中の女性たちの心を掴んだ『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズの11年ぶりの新作となる本作。幸せを手にしたはずのブリジットに、あれから何があったのか!?

日本でも大きな注目を集めている本作が、先週末に北米をはじめ40の国と地域で公開。そのうちの世界24の国と地域で興収ランキング第1位を獲得し、すでに全世界で38,100,000ドルを記録。中でも、映画の舞台となった英国では、ロマンティック・コメディ史上、さらには数々の名作を生み出した本作の製作スタジオ「ワーキング・タイトル」史上No.1のオープニング成績を記録。日本でも社会現象となった『レ・ミゼラブル』を超える数字を打ち出した。

海外の批評家たちからは、「ブリジットはいまでも不器用で恥ずかしい欠点を持っているけど、賢くなっていて、ありのままの彼女は心地が良い」 (LAタイムズ紙)、「レニーは、いまでもすごく“ブリジットっぽい”だけでなく、観客たちは、観初めてすぐに彼女のチャーミングさに恋に落ちる」 (ザ・アトランティック紙) 、「長く待ち望んでいた、愉快なブリジットのカムバックにシャルドネで乾杯!」(グローブアンドメイル紙)など、高評価。

また、一般鑑賞者からも、「良すぎる。1作目並みに素晴らしい」「ブリジット・ジョーンズのファンになったのは、最新作を観た1日前だったけど、この映画は、いままで観た中で最高のコメディ映画だね! 始めから最後までずっと笑いっぱなしだったよ」といった声が上げられ、帰ってきたブリジットに対しての“おかえり”好反応はもちろん、初めて見た観客層にも受け入れられているようだ。

先日、いち早く行われた日本のマスコミ向け試写会でも、「ここ数年で観た映画の中で一番!」「爆笑!」「もう本当に面白かった。やっぱりかわいくて、面白くて、裏切らない」「満足度200%」といった声が続出。

すべての女性たちを笑いと共感の渦に巻き込んだ、あのとびきりチャーミングな等身大ヒロイン、ブリジット・ジョーンズの前作以上にドタバタな恋模様に、ますます期待高まる。

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』は10月29日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top