次世代コネクテッドカーへの新たなコラボ!日産×ルノー×マイクロソフト | Spyder7(スパイダーセブン)

次世代コネクテッドカーへの新たなコラボ!日産×ルノー×マイクロソフト

自動車 ビジネス

ルノー ゾエと日産リーフ。後方はマイクロソフト社
  • ルノー ゾエと日産リーフ。後方はマイクロソフト社
ルノー日産アライアンスは9月26日、マイクロソフト社と提携を結ぶことで合意した、と発表した。

両社が提携するのは、次世代のコネクテッドカー技術やドライビングエクスペリエンスの領域。両社はグローバル規模で、複数年におよぶ協力関係を構築する。

具体的には、マイクロソフトのクラウドサービスのひとつ、「Azure」をベースに、ルノー日産アライアンスとマイクロソフトは、次世代のコネクテッドサービスを共同開発していく。

ルノー日産は2020年までに、自動運転技術を搭載した市販車を10車種以上投入する計画。この計画の実現に、コネクテッドカー技術が重要となる。

ルノー日産アライアンスのOgi Redzic上級副社長は、「マイクロソフトと協力して、重要技術の開発を加速させていく」と述べている。

ルノー日産とマイクロソフトが提携…次世代コネクテッドカー技術開発へ

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top