水陸両用!? ディスカバリー新型、進化したオフロード走破性がハンパない! | Spyder7(スパイダーセブン)

水陸両用!? ディスカバリー新型、進化したオフロード走破性がハンパない!

自動車 ニューモデル

ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
  • ランドローバー ディスカバリー 新型
英国の高級SUVメーカー、ランドローバーが9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16で初公開した新型『ディスカバリー』。初代から27年続く伝統のオフロード性能を、さらに進化させて登場した。

ランドローバーは新型の開発に際して、スウェーデン・アリエプローグの氷上から、中東ドバイの砂漠まで、ランドローバーならではのオールテレイン性能を実現するための走行テストを実施した。

オフロードで本領を発揮する装備を、グレードに応じて標準装備またはオプション設定。最新技術の「オールテレインプログレスコントロール」(ATPC)は、過酷な状況でも一定の速度を維持し、ブレーキとアクセル操作の負担を軽減。このシステムは、時速1.8kmから30kmの低速でクルーズコントロールのように機能。設定した速度を維持するので、ドライバーは障害物の回避など、ステアリング操作に集中できる。

また、新型ディスカバリーの最大渡河水深は、クラス屈指の900mm。この卓越した能力をサポートするのが、ランドローバー独自の「ウェイドセンシング」。ドアミラーに装備したセンサーが水深を検知。タッチスクリーンにリアルタイムで、車体に対する水の高さと渡河水深限界を表示する。

ランドローバー独自の「テレインレスポンス」は、モードを選択するだけでエンジン、ギアボックス、ディファレンシャル、シャシーなどのシステムを状況に応じて最適化。操作性や快適性、トラクション性能を高めてくれる。この機能をさらに強化した「テレインレスポンス2オート」を新型ディスカバリーに採用。走行状況をモニタリングして、最適なモードを自動的に選択する。

ランドローバーは、「新型ディスカバリーは多彩な革新技術により、比類ないオールテレイン性能を実現。どんな地形も、揺るぎなく乗り越えられる」と自信を示している。

【パリモーターショー16】ランドローバー ディスカバリー 新型、オフロード性能が進化

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top