ホンダ世界初量産燃料電池車クラリティ、2016年末に米国上陸へ | Spyder7(スパイダーセブン)

ホンダ世界初量産燃料電池車クラリティ、2016年末に米国上陸へ

自動車 ニューモデル

ホンダ クラリティ フューエル セル
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
ホンダの新型燃料電池車、『クラリティ フューエル セル』。同車に関して、米国での発売時期が決定した。

これは10月上旬、ホンダの米国法人、アメリカンホンダが明らかにしたもの。「クラリティ フューエル セルに2016年末、米国カリフォルニア州で発売する」と公表している。

クラリティ フューエル セルは2015年10月、東京モーターショー15でワールドプレミア。5名乗車が可能な実用性の高い市販燃料電池車として登場した。

量産燃料電池車としては世界で初めて、燃料電池スタックおよび駆動システムを、フロントのボンネット内部に収めることに成功。これにより、優れたパッケージングを生み出す。

今回、クラリティ フューエル セルの米国発売が、2016年末に決定。カリフォルニア州ロサンゼルスとオレンジ郡の一部ディーラーで、取り扱いを開始する。アメリカンホンダのスティーブ・センター副社長は、「ゼロエミッションのクラリティ フューエル セルの販売開始に興奮している。動力性能や安全性などに対する顧客のニーズに見合うと確信している」とコメントした。

ホンダの新型燃料電池車 クラリティ、米国発売は2016年末に決定

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top