東出昌大、新星女優×『64』監督と大正期の“女相撲”描く『菊とギロチン』 | Spyder7(スパイダーセブン)

東出昌大、新星女優×『64』監督と大正期の“女相撲”描く『菊とギロチン』

映画 公開情報

『菊とギロチン』に出演する東出昌大&木竜麻生
  • 『菊とギロチン』に出演する東出昌大&木竜麻生
  • 東出昌大
4時間38分の壮大な人間ドラマ『ヘヴンズ ストーリー』、佐藤浩市はじめ豪華俳優が競演した『64 -ロクヨン』などで知られる瀬々敬久監督の最新作『菊とギロチン』に、東出昌大と、映画初出演の新星女優・木竜麻生が出演することが明らかとなった。

本作は、瀬々監督が20年以上も温めてきたたためてきた意欲作。第一次世界大戦後の大正時代を舞台に、農村を中心に活況を呈していた“女相撲興行”力士たちと、格差のない理想世界を夢見るアナーキストたちのロマンスあり、アクションあり、社会風刺ありの骨太エンタテインメント。10月7日よりクランクインし、京都府・滋賀県などを中心に撮影が始まっている。

本作の主人公である女相撲力士“菊”を演じるのは、長期にわたる厳しいオーディションの結果、約300名の女性応募者の中から大抜擢された1994年生まれの木竜麻生(きりゅうまい)。本作が映画初主演となる新星だ。

一方、関東大震災時に活動したアナーキストグループ「ギロチン社」のリーダー、中濱鐡には、10年ぶりの続編『デスノート Light up the NEW world』や、羽生善治を演じた『聖の青春』などで独特の存在感を放つ東出さん。さらに、彼らを取り巻く主要キャストには、女相撲力士・十勝川に10歳で鈴木清順監督の『ピストルオペラ』で映画デビューした韓英恵、アナキストの古田大次郎役に新人俳優の佐藤寛一郎ほか、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平など、日本映画界を背負う個性派キャストが顔を揃えている。

また、本作は、第21回釡山国際映画祭内の企画マーケットである「第19回アジアン・プロジェクト・マーケット」にて、世界各国からのバイヤーや出資者と商談を重ねた末、中国の配給会社によるBright East Film Awardを受賞。作品の完成と同時に世界の市場も見据えて動き始めているという。

『菊とギロチン』が2017年、公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top