速っ!ヒュンダイ300馬力のミッドシップハッチ市販版、ニュルに現れる | Spyder7(スパイダーセブン)

速っ!ヒュンダイ300馬力のミッドシップハッチ市販版、ニュルに現れる

自動車 新車スクープ

ヒュンダイ RM16Nスクープ写真
  • ヒュンダイ RM16Nスクープ写真
  • ヒュンダイ RM16Nスクープ写真
  • ヒュンダイ RM16Nスクープ写真
  • ヒュンダイ RM16Nスクープ写真
  • ヒュンダイ RM16Nスクープ写真
  • ヒュンダイ RM16Nスクープ写真
  • ヒュンダイ RM16Nスクープ写真
  • ヒュンダイ RM16Nスクープ写真
韓国ヒュンダイが2016年6月の釜山モーターショーで公開した、ミッドシップエンジンのホットハッチモデル、「RM16 N レーシング コンセプト」の市販バージョンと思われる、プロトタイプをSpyder7のカメラが初めて捉えた。

「RM16 N」は、ヒュンダイの小型スポーツクーペ、『ベロスター』をベースに開発されたコンセプトカーで、ミッドシップレイアウトのコンセプトモデル『RM14』、『RM 15』の最新進化系だ。

カメラマンによると、ニュルブルクリンク・北コースに姿を見せた市販モデルは、フルカモフラージュされているが、コンセプトモデルで見せた、スタイリッシュでパンチ力あるエクステリアは健在で、ホットハッチらしく高速でニュルを走り込んでいたとようだ。

コンセプトモデルと比較すると、ヘッドライト、フロントバンパーのエアダクト形状もほぼ同一デザインだが、フロントフェンダー後部には、新たにエアベントが設けられている。

さらにはリア・エアスプリッター、エアアウトレットなどを備えているのも確認出来る。

パワートレインには、最高馬力300ps、最大トルク383Nmを発揮する排気量2.0L 4気筒直噴ターボエンジンを搭載し、2018年の市販化を目指すと言う。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top