圧倒する存在感!シビック タイプR新型、北米に初上陸だ | Spyder7(スパイダーセブン)

圧倒する存在感!シビック タイプR新型、北米に初上陸だ

自動車 ニューモデル

次期ホンダ シビック タイプRのプロトタイプ車
  • 次期ホンダ シビック タイプRのプロトタイプ車
  • 次期ホンダ シビック タイプRのプロトタイプ車
  • 次期ホンダ シビック タイプRのプロトタイプ車
  • 次期ホンダ シビック タイプRのプロトタイプ車
  • 次期ホンダ シビック タイプRのプロトタイプ車
  • 次期ホンダ シビック タイプRのプロトタイプ車
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは11月1日、米国で開幕するSEMAショー16において、次期『シビック タイプR』のプロトタイプ車を北米初公開する。

同車は9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16でワールドプレミア。同じくパリモーターショーで初公開された新型『シビック ハッチバック』(5ドアモデル)がベース。今回のプロトタイプモデルは、『シビック』ファミリーとして10代目シビックシリーズのセダン、クーペ、ハッチバックとともに開発。これらのグローバルモデルと共通のプラットフォームを使用した新型車となる。

外観は、現行シビック タイプRの特徴的なロー&ワイドなスタイリングを受け継ぎながら、さらにアグレッシブで精悍さが際立つデザインを追求した。

フロントは大開口のフロントバンパーやボンネット部にエアベント(空気排気口)などを採用。随所に空力性能を高める工夫を施す。リアバンパーにはディフューザーを装備。3本出しセンターマフラーを採用することで、独創的なデザインとした。足元には、新たに20インチアルミホイールを装着。パフォーマンスの向上に寄与する。

次期シビック タイプRは、2017年後半に欧州での発売を予定。生産は新型シビック ハッチバックとともに、英国のホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッドが担当。欧州での販売のみならず、北米などへの輸出も予定している。

【SEMAショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、北米初公開へ

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top