日本導入もあるぞ!走破性大幅向上のジャガーXFスポーツブレーク次期型、ニュルで高速テスト | Spyder7(スパイダーセブン)

日本導入もあるぞ!走破性大幅向上のジャガーXFスポーツブレーク次期型、ニュルで高速テスト

自動車 新車スクープ

日本導入もあるぞ!走破性大幅向上のジャガーXFスポーツブレーク次期型、ニュルで高速テスト
  • 日本導入もあるぞ!走破性大幅向上のジャガーXFスポーツブレーク次期型、ニュルで高速テスト
  • 日本導入もあるぞ!走破性大幅向上のジャガーXFスポーツブレーク次期型、ニュルで高速テスト
  • 日本導入もあるぞ!走破性大幅向上のジャガーXFスポーツブレーク次期型、ニュルで高速テスト
  • 日本導入もあるぞ!走破性大幅向上のジャガーXFスポーツブレーク次期型、ニュルで高速テスト
  • 日本導入もあるぞ!走破性大幅向上のジャガーXFスポーツブレーク次期型、ニュルで高速テスト
  • 日本導入もあるぞ!走破性大幅向上のジャガーXFスポーツブレーク次期型、ニュルで高速テスト
  • 日本導入もあるぞ!走破性大幅向上のジャガーXFスポーツブレーク次期型、ニュルで高速テスト
  • 日本導入もあるぞ!走破性大幅向上のジャガーXFスポーツブレーク次期型、ニュルで高速テスト
ジャガーは2016年パリモーターショーで、『XF』新型にワゴンモデル『XF スポーツブレーク』の投入をアナウンスしているが、その市販プロトタイプがニュルで高速テストを開始した。

次期型では、ダイナミックかつスポーティーなフロントバンパーを持ち、全モデルに4WDシステムを採用、最新のトラクション技術により、スポーツ性能及び走破性が大幅に向上すると見られる。

パワートレインは、XFサルーン同様の2リットル直列4気筒ターボ、及び340psまたは380psを発揮する3リットルV型6気筒スーパーチャージャーがラインナップされる予定だ。

アルミ素材を多数使用し、200kg近い軽量化を図り、スポーツ性を高めると共に、ブートスペースは600L、後席折りたためば1700リットルのクラス最大級の容量を持つ。

ワールドプレミアは2017年、日本でも徐々に人気復活の気配を見せているジャガーだが、新型登場にあわせて、スポーツブレークの日本初導入の可能性も高い。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top