進化し続けるマツダ ロードスター...今度は軽量化した「エボリューション」初公開へ | Spyder7(スパイダーセブン)

進化し続けるマツダ ロードスター...今度は軽量化した「エボリューション」初公開へ

自動車 ニューモデル

マツダ ロードスター のスピードスター エボリューション
  • マツダ ロードスター のスピードスター エボリューション
マツダの米国法人、北米マツダは10月25日、米国ラスベガスで11月1日に開幕するSEMAショー16において、新型『ロードスター』の「スピードスター エボリューション」を初公開すると発表した。

北米マツダは1年前のSEMAショー15において、新型ロードスターの「スピードスター コンセプト」を初公開。同車は、1950年代に少量が生産されたロードスターモデルに敬意を払い、軽量さを追求したスタディモデル。軽量パフォーマンスカーのあるべき姿を提示した。

その最大の特徴が、フロントのウインドスクリーンをなくしたスピードスターボディ。風をダイレクトに感じながら、ドライブできる。シート後方のツインドームは、かつてのスピードスターを連想させる部分。

また、車両重量はおよそ945kg。カーボンファイバー製のドアを採用するなどして、ベース車両(北米仕様は2.0リットル)に対して、およそ115kgの軽量化を達成した。シートはカーボンファイバー製で、ブラックのアルカンターラ仕上げ。ボディカラーはブルーエーテルで塗装した。

今年のSEMAショーで初公開されるスピードスター エボリューションは、その進化版。ボディカラーは、ホワイトエーテルに変更。さらなる軽量化にも取り組み、昨年のスピードスター コンセプトに対して、およそ45kg軽量化。車両重量はおよそ900kgに抑えられている。

【SEMAショー16】マツダ ロードスター、スピードスターが進化…900kg へ軽量化

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top