フォーカスRS、「Roush Performance」による500馬力のカスタマイズカー披露へ | Spyder7(スパイダーセブン)

フォーカスRS、「Roush Performance」による500馬力のカスタマイズカー披露へ

自動車 ニューモデル

Roush Performanceが手がけるフォードフォーカスRSの予告スケッチ
  • Roush Performanceが手がけるフォードフォーカスRSの予告スケッチ
米国のフォードモーターは11月1日、米国ラスベガスで開幕するSEMAショー16において、新型フォード『フォーカスRS』のカスタマイズカーを初公開する。

SEMAショーは毎年秋、米国ラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタマイズカーの一大イベント。日本のオートサロンとドイツのエッセンショーと並んで、世界三大チューニングカーショーと呼ばれる。

フォードモーターは今年のSEMAショーにおいて、新型フォード フォーカスRSのカスタマイズカーを複数、初公開する予定。そのうちの1台は、「Roush Performance」がカスタマイズを手がけた。

新型フォーカスRSには、直噴2.3リットル直列4気筒ガソリンターボを搭載。ノーマル状態のスペックは、最大出力350hp。Roush Performanceでは、吸排気系やコンピュータをチューニングし、冷却性能も向上。最大出力は500hpを引き出す。

サスペンションやブレーキは強化され、255/35ZR19サイズのタイヤを履く。専用エアロパーツも装備された。なお、フォードは同車の予告スケッチを1点、公開している。

【SEMAショー16】フォード フォーカスRS、500馬力へチューニング

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top