初代スープラ米国版「ダットサン260Z」、1000馬力で蘇る! | Spyder7(スパイダーセブン)

初代スープラ米国版「ダットサン260Z」、1000馬力で蘇る!

自動車 モーターショー

1974年式ダットサン260Zにトヨタスープラのエンジンを移植するトーヨータイヤのカスタマイズカー
  • 1974年式ダットサン260Zにトヨタスープラのエンジンを移植するトーヨータイヤのカスタマイズカー
トーヨータイヤ(東洋ゴム)の米国法人、トーヨータイヤUSAは10月25日、米国ラスベガスで11月1日に開幕するSEMAショー16において、1974年式ダットサン『260Z』のカスタマイズカーを初公開すると発表した。

SEMAショーは毎年秋、米国ラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタマイズカーの一大イベント。日本のオートサロンとドイツのエッセンショーと並んで、世界三大チューニングカーショーと呼ばれる。

トーヨータイヤは今年のSEMAショーにおいて、複数のカスタマイズカーを初公開する計画。そのうちの1台が、1974年式ダットサン『260Z』のカスタマイズカー。

現在でも、米国で根強い人気を誇るダットサン260Zは、初代日産『フェアレディZ』の米国版。米国向けは、日本仕様よりも排気量の大きい2.6リットルエンジンを搭載していた。

トーヨータイヤは、米国の「Dominic Le and John Esteban of Chasing JS Vintage Motorsports」と協力。ダットサン260Zに、トヨタ『スープラ』用の2JZGTE型エンジンを移植する。アペックスパフォーマンスのターボチャージャーなどにより、最大出力を1000hpに引き上げる予定。

【SEMAショー16】ダットサン 260Z に スープラ エンジン移植…1000馬力

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top