視線独り占め!新型NSXセーフティカー、スーパーフォーミュラ最終戦に鈴鹿登場 | Spyder7(スパイダーセブン)

視線独り占め!新型NSXセーフティカー、スーパーフォーミュラ最終戦に鈴鹿登場

自動車 スポーツ・エンタメ

レース中、スーパーフォーミュラのマシン群を率いて走る「新型NSXセーフティカー」。
  • レース中、スーパーフォーミュラのマシン群を率いて走る「新型NSXセーフティカー」。
  • 鈴鹿サーキットに新導入された「新型NSX」ベースのセーフティカー。
  • 鈴鹿サーキットに新導入された「新型NSX」ベースのセーフティカー。
  • 鈴鹿サーキットに新導入された「新型NSX」ベースのセーフティカー。
  • 鈴鹿サーキットに新導入された「新型NSX」ベースのセーフティカー。
  • 鈴鹿サーキットに新導入された「新型NSX」ベースのセーフティカー。
  • 鈴鹿サーキットに新導入された「新型NSX」ベースのセーフティカー。
  • 鈴鹿サーキットに新導入された「新型NSX」ベースのセーフティカー。
10月29~30日に開催されたスーパーフォーミュラ最終戦「第15回JAF鈴鹿グランプリ」から鈴鹿サーキットに導入された「新型ホンダNSX」ベースのセーフティカーが、2レース制の「レース2」で2度の“実戦登場”を果たすこととなった。

ピットウォーク時の展示や、2度のレーススタート前にはダミーグリッド最前方で存在感を発揮し、ファンのカメラの格好のターゲットともなっていた新型NSXベースのセーフティカー。やはりレースファンにもNSXは気になる新車であることが窺えるところだったが、スーパーフォーミュラの決勝レースではリアルな出番が2度もあった。

鈴鹿サーキットというコースには、あまりセーフティカー出動が多い印象はない。ましてや秋の好天ともいえるコンディション下では、セーフティカー登場となる可能性はさらに低まるところだった(もちろん、基本的に望ましいことである)。

ところが2レース制で実施されたレース2の後半には、アクシデントによるセーフティカー導入が2度も発生。ファンは白熱のチャンピオン争いとともに、本当の意味での出番で走るNSXの姿も見ることができた。

NSXの名は、14年からSUPER GTのGT500クラスに「NSX CONCEPT-GT」として復帰するなど、レース界ではロードカーよりも(ある意味で)早い「復帰」を果たしていたが、今回の鈴鹿でのセーフティカー導入で、復帰、新型登場のイメージは一層高まったといえそうだ。

なお、SUPER GTの今季最終もてぎ大会(11月11~13日)には、来季17年型の新GT500参戦車「NSX-GT」の正式お披露目がレクサス、日産の来季車とともに実施される予定となっている。

鈴鹿の新型NSXセーフティカー、スーパーフォーミュラ最終戦で実戦登場2回

《遠藤俊幸@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top