トヨタ86、レーシングチューンの「CSカップ」を米国にも投入 | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ86、レーシングチューンの「CSカップ」を米国にも投入

自動車 ニューモデル

トヨタ 86 CSカップ
  • トヨタ 86 CSカップ
  • トヨタ 86 CSカップ
  • トヨタ 86 CSカップ
  • トヨタ 86 CSカップ
  • トヨタ 86 CSカップ
  • トヨタ 86 CSカップ
  • トヨタ 86 CSカップ
  • トヨタ 86 CSカップ
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は11月1日(日本時間11月2日未明)、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー16において、『GT86 CSカップ』を米国初公開した。

SEMAショーは毎年秋、米国ラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタマイズカーの一大イベント。日本のオートサロンとドイツのエッセンショーと並んで、世界三大チューニングカーショーと呼ばれる。

SEMAショー16で米国初公開されたGT86 CSカップは、トヨタ『86』をベースにしたレーシングカー。トヨタの欧州モータースポーツ部門、「Toyota Motorsport GmbH」が開発を担当。すでに、欧州で発売されている同車が、米国市場にも投入される。

直噴2.0リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンは、排気系とコンピュータを中心にチューニング。最大出力212hp、最大トルク22.4kgmを獲得した。

サスペンションはビルシュタイン製、ブレーキはアルコン製。OZ製の17インチホイールには、ピレリ製タイヤを組み合わせる。エアロパーツ、ロールケージ、バケットシート、6点式シートベルトなども採用されている。

【SEMAショー16】トヨタ 86 に「CSカップ」レーサー、米国初公開

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top