トヨタ C-HR、ラリー仕様がデモ走行…豊田社長がドライブ | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ C-HR、ラリー仕様がデモ走行…豊田社長がドライブ

自動車 スポーツ・エンタメ

トヨタ C-HR のラリー仕様車(新城ラリー2016)
  • トヨタ C-HR のラリー仕様車(新城ラリー2016)
  • トヨタ C-HR のラリー仕様車(新城ラリー2016)
  • トヨタ C-HR のラリー仕様車(新城ラリー2016)
  • トヨタ C-HR の市販モデル(新城ラリー2016)
トヨタ自動車は11月5~6日、愛知県新城市で開催された「新城ラリー2016」において、年内に発売予定の新型SUV、『C-HR』のデモ走行を行った。

当日、デモ走行したのは、C-HRのラリー仕様車。トヨタ自動車の豊田章男社長が、C-HRのラリー仕様車のドライバーとして登場し、ダブルサプライズとなった。

C-HRの日本仕様には、ハイブリッドと1.2リットルターボの2種類のパワートレインを設定。ハイブリッドは1.8リットル直列4気筒ガソリン+モーターが、最大出力122psを発生。『オーリス』にも搭載された1.2リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力116ps、最大トルク18.9kgmを引き出す。

なお、C-HRのラリー仕様車は、「TOYOTA GAZOO Racing」が開発を担当。市販予定車をベースに、アンダーガードや赤いマッドフラップなどが追加され、ラリーマシンに仕立てられている。

C-HRの日本国内での発売は、12月の予定。11月10日からは、インターネットで先行商談予約受付を開始する。会場には、実車の展示も行われ、発売直前の絶好のアピールの場となった。
《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top