限定500台...ブガッティ新型モデル、1500馬力の「シロン」ジャパンプレミア! | Spyder7(スパイダーセブン)

限定500台...ブガッティ新型モデル、1500馬力の「シロン」ジャパンプレミア!

自動車 ニューモデル

ブガッティ シロン
  • ブガッティ シロン
  • ブガッティ シロン
  • ブガッティ シロン
  • ブガッティ シロン
  • ブガッティ シロン
  • ブガッティ シロン
  • エットーレ・ブガッティのサイン
  • ブガッティ・T57 SC アトランティック
ブガッティジャパンは11日、ジュネーブショー16で発表した『シロン』をジャパンプレミアした。生産台数は500台。価格は240万ユーロ(車両本体)である。

そのデザインに関して、ブガッティ オートモビルズ S.A.S.社 取締役セールス、マーケティングおよびカスタマーサービスの担当責任者のステファン・ブルングス氏は、「機能に裏打ちされたデザインで、それは今も昔も変わらない」と述べる。

具体的には「馬蹄形のグリルは過去も現在も大量の空気を取り入れるためにデザインされており、また、シロンのセンターピラー(ルーフ中央からリアにかけてのライン)は、『T57アトランティック』をモチーフにし、いずれも機能のもとにデザインされている」という。シロンではこれがあることで、直進安定性が向上し、アトランティックではマグネシウム合金のボディを接合するため、当時の技術では溶接が不可能だったことから、ボルト止めを実施。そのためのものであった。

また、新たに“Cライン”と呼ばれるキャビンを取り囲むようなデザインが取り入れられた。これは、「創業者、エットーレ・ブガッティのサインをモチーフにしている。頭文字Eをベースにそれ以降の文字にアンダーラインを引くようなサインを書いており、それをアレンジしたものだ」と話す。そのCラインの後端にはエンジンへのエアインテークが設けられているのだ。

シロンのエンジンは、これまで同様W16気筒4ターボだが、1500psの目標が掲げられたことから新設計され、最高速度は420km/h(リミッター作動)、0-100km/hは2.5秒未満だという。

シロンは、11月16日まで東京青山にあるブガッティ東京のショールームに展示される予定だ。

【ブガッティ シロン】日本発表…デザインは機能に裏付けされたもの

《内田俊一@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top