デルタ航空、ウェスティンホテルが開発したブランケットを導入 | Spyder7(スパイダーセブン)

デルタ航空、ウェスティンホテルが開発したブランケットを導入

話題 企業

「デルタ・プレミアム」
  • 「デルタ・プレミアム」
  • ウェスティンホテルが開発した「ウェスティン・ヘブンリー・インフライト・ブランケット」
  • ボーイング757-200
デルタ航空は、11月18日から成田空港発着のミクロネシア路線(グアム、サイパン、パラオ便)のビジネスクラスに、ウェスティンホテルが開発した「ウェスティン・ヘブンリー・インフライト・ブランケット」を導入する。

デルタ航空は、ウェスティン・ホテル・アンド・リゾーツと国際線ビジネスクラス「デルタ・ワン」で提供している枕とコンフォーターの開発で提携、今回米国内線のファーストクラスと短距離国際線のビジネスクラス向けのブランケットを共同開発した。11月中旬より順次導入されている。

このブランケットは、2017年秋から「A350」機に導入予定のプレミアムエコノミー「デルタ・プレミアム」でも提供される予定。

顧客調査の結果をもとに、デルタ航空の機内サービスとブランドチームが、ウェスティンのブランドチームとともに、ヘブンリーベッドのデザインを取り入れた、新しいブランケットを開発した。淡いグレーのブランケットは、リラックスできる落ち着いた雰囲気を醸しだすとしている。

また、ミクロネシア路線を含む全路線のエコノミークラス「メインキャビン」のブランケットも、明るいブルーの厚地の織物にアップグレードした。
《レスポンス編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top