五郎丸歩の等身大フィギュア完成…マダム・タッソー東京で常設展示 | Spyder7(スパイダーセブン)

五郎丸歩の等身大フィギュア完成…マダム・タッソー東京で常設展示

話題 イベント

五郎丸歩の等身大フィギュア完成!マダム・タッソー東京で常設展示
  • 五郎丸歩の等身大フィギュア完成!マダム・タッソー東京で常設展示
  • 五郎丸歩の等身大フィギュア完成!マダム・タッソー東京で常設展示
  • 五郎丸歩の等身大フィギュア完成!マダム・タッソー東京で常設展示
  • 五郎丸歩の等身大フィギュア完成!マダム・タッソー東京で常設展示
東京・お台場のデックス東京ビーチアイランドモール3Fにある体験型アトラクション「マダム・タッソー東京」が、ラグビーの五郎丸歩選手(トゥーロン)の等身大フィギュアの常設展示を11月25日より、同館のスポーツゾーンで開始する。

五郎丸は日本にラグビー旋風を巻き起こした立役者のひとりとして国民的な人気があり、来館者アンケートでもリクエストが多くあったことからフィギュア制作が決定。ラグビー選手としては初めて等身大フィギュアが作られた。

フィギュアのポーズとして選ばれたのは、ルーティンのポーズである「五郎丸ポーズ」だ。シッティング(計測)は、2015年3月に3時間かけて行われた。頭と顔、体の250カ所以上を性格に計測し、あらゆる角度から撮影した180枚の写真や歯形などの詳細なデータをもとに、20人以上のマダム・タッソーの彫刻師たちが6カ月かけて製作した。製作費は約2000万円。


今回のお披露目に際し、よりリアリティーのある形で等身大フィギュアを表現するために、五郎丸が2008年~2016年まで所属したヤマハ発動機ジュビロのヤハマ大久保グラウンドで撮影。展示される等身大フィギュアもヤマハ発動機ジュビロのユニフォームを着用している。

フィギュアになることについて五郎丸は、「誰にも伝えていません。内緒です」とコメント。注目してほしいポイントを「手です。その中でも指です」と話し、一番自信のある体の部分としてキックを多く蹴る「軸足(左足)」を挙げた。

館内に展示される等身大フィギュアは、見て、触れて、一緒に写真を撮影できる。マダム・タッソー東京の営業時間は10:00~20:00(最終入場19:00)。料金は大人(中学生以上)2300円、小人(小学生以下)1700円。3歳未満は無料。

The images shown depict wax figures created and owned by Madame Tussauds.
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

特集

page top