草なぎ剛、水原希子らとタイでクランクイン!「もう帰りません(笑)」 | Spyder7(スパイダーセブン)

草なぎ剛、水原希子らとタイでクランクイン!「もう帰りません(笑)」

話題 アイドル

「嘘の戦争」
  • 「嘘の戦争」
  • 「嘘の戦争」
来年1月期放送の草なぎ剛主演ドラマ「嘘の戦争」。この度、本作の撮影が気温30度を超えるタイ・バンコクにてクランクインを迎えたことが分かった。

昨年1月に放送された復讐物語「銭の戦争」から2年、再びスタッフたちが集結して制作するシリーズ第2弾「嘘の戦争」。主演には草なぎさんが続投し、藤木直人、水原希子、菊池風磨、マギー、姜暢雄ら豪華キャストが集結。さらにスケールアップし、完全オリジナルストーリーで描かれる。

そして、ついに今月19日(土)、バンコクはスクンビット通りにほど近い繁華街のゴーゴーバーにて、詐欺師・一ノ瀬浩一役の草なぎさんが先陣を切ってクランクイン! 鏡で覆われた壁と天井、ネオンとミラーボールが輝く店内、日本では考えられないようなド派手な店に、度肝を抜かれた草なぎさんは「すごいね!」と思わず笑ってしまうほど。この日は、タイでの撮影の中でも一番大掛かりな撮影とあって、日本人スタッフ、タイ人スタッフ、エキストラなど総勢200名を超す大規模な撮影となった。

草なぎさんに続いて、一ノ瀬浩一の相棒的な存在で女詐欺師の十倉ハルカ役の水原さんも、白いブラウスにシフォンスカートという清楚な衣装に身を包みクランクイン。撮影したのは、タイで日本人が日本人を騙すという“日日詐欺”をして稼いでいる浩一とハルカのやり取りだ。草なぎさんは劇中で流暢なタイ語のセリフにも挑戦。撮影の合間には、現地スタッフと何度も発音の確認をする場面も見られた。水原さんとの撮影を終えた草なぎさんは、そのほかホテルのロビーで詐欺を仕掛ける相手を見つけようとしている最中に、30年前に浩一の家族を殺した“傷のある男”に遭遇。その瞬間、30年間眠っていた“怒り”という感情を取り戻し、日本に帰国し復讐を決意するというドラマの肝となるシーンの撮影も行った。

撮影初日には、1時間以上続くスコールが3回も降るなど、ハプニングにも見舞われたロケだったが、朝から晩まで、丸々3日間のタイでのハードな撮影を無事終えることができた。撮影を終えた草なぎさんは「なんかタイに馴染んじゃって、もうずっと居ようかな。日を追うごとに、僕はタイに来るべくしてきたんだなと実感してしまったので、もう帰りません(笑)そのぐらいしっくりきて、撮影も順調です」とコメント。またタイ語でのセリフについては、「現地に来たら実は日本で覚えてきたタイ語と違ってた」と明かし、「タイに来て撮影して良かったなと思える映像が、画面から伝わってくると思います。バンコクならでは独特の雰囲気と『嘘の戦争』がスタートするにふさわしい映像になっていますので、ぜひとも皆さんに見て頂きたいなと思っています。絶対に見逃さないでください!」と確かな手ごたえを熱弁した。

さらに今回は最大の敵役として、藤木さん演じる二科隆らの父親、ニシナグループの会長・二科興三役を市村正親が演じることが決定! 草なぎさんとは公私ともに親交の深い間柄という市村さんは、「今回は剛君のドラマだから『やろう!』ってすぐ返事をしました」と明かし、「今回は悪役だから、剛くんに対して普段とは違う接し方をすると思うけど、そこは勘弁して(笑)。心の中では愛を持って見ているけど、表面的には敵意をむき出しで」とコメント。一方、共演するのはすごく照れくさいと話す草なぎさんは、「それを越えて集中して現場に入ったら、新しい僕を引きだしてくださるんじゃないかなと。体当たりしていきたい」と期待を語った。

「嘘の戦争」は2017年1月期毎週火曜日21時~カンテレ・フジテレビ系にて放送予定。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top