【試乗記】VW ポロ トレンドライン、これぞVW! なシンプルさ、機能性…島崎七生人 | Spyder7(スパイダーセブン)

【試乗記】VW ポロ トレンドライン、これぞVW! なシンプルさ、機能性…島崎七生人

自動車 ニューモデル

VWポロ TSIトレンドライン
  • VWポロ TSIトレンドライン
  • VWポロ TSIトレンドライン
  • VWポロ TSIトレンドライン
  • VWポロ TSIトレンドライン
  • VWポロ TSIトレンドライン
  • VWポロ TSIトレンドライン
  • VWポロ TSIトレンドライン
  • VWポロ TSIトレンドライン
「トレンドライン」は今年、新設定されたベースグレードだ。「GTI」や「クロスポロ」など幅広く用意する中で、意外にも思うが、『ポロ』にこそあって然るべき……、そう考えるユーザーは少なくなかったはず。

VWもその点は承知しており、199万9000円と、200万円を切る価格設定で用意してきた。

実車は写真でもおわかりのとおり、実にシンプルでプレーン。ホイールキャップをスチールホイールに装着した足元やフォグランプをもたない顏つきなど、心洗われるくらいにサッパリしている。が、もしも初代ゴルフに乗っていたようなユーザーだったら「これぞフォルクスワーゲン!」と膝を打つのではないだろうか。

とはいえタイヤサイズ自体は15インチで上位グレードと同じ。装備面もエアコンがマニュアル、ステアリングやシフトレバー、駐車ブレーキレバー等が非革巻きになるなどシンプルではある。が、シンプルであるからこそ、気軽に使いこなせる。室内スペース、トランク容量も上位グレードと共通だ。

1.2リットルターボ+7速DSGの走りはまったく不足なし。アイドリングストップも効き、100km/hは7速で2100rpmと実燃費も期待できそう。何でもないが身体をキチンと支えてくれるファブリックシートや、時間をかけてこなれてきそうな乗り味など、(当たり前だが)まさしく欧州コンパクトカーの味。4ドアの実用性の高さも見逃せない。プリクラッシュブレーキシステム、ブレーキアシストなどが標準装備されるのも心強い。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

【VW ポロ トレンドライン 試乗】これぞVW! なシンプルさ、機能性…島崎七生人

《島崎七生人@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top