クリスマスシーズン到来、2016年大学イルミネーション情報 | Spyder7(スパイダーセブン)

クリスマスシーズン到来、2016年大学イルミネーション情報

話題 イベント

明治学院大学 白金キャンパスのイルミネーション
  • 明治学院大学 白金キャンパスのイルミネーション
  • 明治学院大学 白金キャンパス・ツリーの上には大きな星が点灯
  • 立教大学 池袋キャンパス 
  • 白百合女子大学
  • 津田塾大学 クリスマスイルミネーションの様子
  • 聖学院大学
  • 聖学院大学
 2016年もいよいよクリスマスが近づいてきた。街を華やかに彩るイルミネーションを毎年楽しみにしている方も多いだろう。大学の中では、キャンパス内のクリスマスライトアップやイルミネーションを一般公開しているところも多い。都内の大学を中心に、輝きを楽しめる大学を紹介しよう。

◆立教大学

 立教大学の池袋キャンパスでは、11月29日(火)の午後5時より、本館前のヒマラヤ杉下でイルミネーション点灯式を行う。聖歌やハンドベルの響きとともに、ヒマラヤ杉にイルミネーションを点灯するという。雨天決行。なお、イルミネーションの点灯期間は2017年1月6日(金)までの予定。

◆明治学院大学

 白金キャンパスは、11月25日(金)にイルミネーション点灯式を実施済み。2017年1月5日(木)までイルミネーションを行っている。原則、キャンパスの外からの見学になるが、大学によると「敷地外からでも十分」楽しめる状態だという。なお、横浜キャンパスも11月18日(金)に点灯式を終えており、白金キャンパス同様、2017年1月5日(木)までイルミネーションを実施する。横浜キャンパスは、校門守衛に申告すれば点灯時間内に限りキャンパス内での見学が可能。

◆白百合女子大学

 一般参加できるのは、12月1日(木)に実施される「アドヴェントの集い」。午後4時半から、キャンパス内中庭でヒマラヤ杉のイルミネーションや学生手作りのエコ・キャンドルを点灯し、キリストの降誕を待ち望む。このほか、12月10日(土)には白百合女子大学レジナホールでクリスマスコンサートの実施が予定されている。終演後は中庭のクリスマスツリーのイルミネーション、エコキャンドルの灯りが楽しめる。これ以外の日は一般公開が認められていないため、見学を希望する場合はアドヴェントの集い、もしくはクリスマスコンサートの日にキャンパスを訪れること。

◆津田塾大学

 2001年に東京都選定歴史的建造物に指定されたハーツホン・ホール前のヒマラヤ杉が、2016年もライトアップされる。クリスマスイルミネーションの点灯期間は12月2日(金)から12月25日(日)まで。点灯時間は午後4時30分から午後9時30分まで。一般見学は正門付近からでき、時間は午後8時まで。飲食物の持ち込みや芝生への立ち入り、車での来校は禁止している。

◆聖学院大学

 11月30日(水)午後4時40分から5時10分まで、南キャンパス図書館棟前でクリスマスツリー点灯式を行う。柳田洋夫氏による説教や聖歌隊、ハンドベル・クワイア、フィルハーモニー管弦楽団らによる演奏・合唱を実施する礼拝も開催予定。事前申込みは不要。以後、図書館棟前のヒマラヤ杉のライトアップは、11月30日(水)から2017年1月6日(金)まで点灯される。
《鶴田雅美》

編集部おすすめの記事

特集

page top