世界最高のV6ツインターボだ!日産スカイラインが米10ベストエンジンの栄誉 | Spyder7(スパイダーセブン)

世界最高のV6ツインターボだ!日産スカイラインが米10ベストエンジンの栄誉

自動車 テクノロジー

インフィニティQ50レッドスポーツ400
  • インフィニティQ50レッドスポーツ400
  • インフィニティQ50レッドスポーツ400
  • インフィニティQ50レッドスポーツ400
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは12月12日、『ワーズオートワールド』誌が主催する「10ベストエンジン2017」に、日産が新開発した3.0リットルV型6気筒ツインターボが選ばれたと発表した。

10ベストエンジンは1995年から開催されており、今年が23回目。「エンジンオスカー」と称されるように、エンジン性能に着目して優秀な10台を選ぶ賞。エンジンのエンターテインメント性や環境性能に的を絞って、同誌の編集者が10エンジンを選出する。

選考条件は、2017年3月末まで、米国市場で継続して販売されていること。また、車両価格は6万2000ドル(約715万円)以下に限定される。したがって、フェラーリやランボルギーニ、日産『GT-R』などのスーパーカーは除外された。

10ベストエンジン2017のひとつに選出されたのが、新開発の3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジン。インフィニティ『Q50』(日本名:日産『スカイライン』)と新型『Q60』(日本名:次期日産『スカイラインクーペ』)に搭載される。2種類のチューニングがあり、高出力版は最大出力405psを引き出す。

『ワーズオートワールド』誌のDave Zoiaディレクターは、「このV6ツインターボは、ドイツ競合車に対抗できる。絹のように滑らかで静粛性も高い」と評価している。

日産 スカイライン の405馬力V6ツインターボ、米10ベストエンジン受賞

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top