VW次世代EVコンセプトカー「I.D.」世界最大規模のエレクトロニクスショーへ出品へ | Spyder7(スパイダーセブン)

VW次世代EVコンセプトカー「I.D.」世界最大規模のエレクトロニクスショーへ出品へ

自動車 テクノロジー

フォルクスワーゲン I.D.
  • フォルクスワーゲン I.D.
  • フォルクスワーゲン I.D.
  • フォルクスワーゲン I.D.
  • フォルクスワーゲン I.D.
  • フォルクスワーゲン I.D.
  • フォルクスワーゲン I.D.
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは12月14日、米国で2017年1月に開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー2017(CES 2017)において、コンセプトカーの『I.D.』を米国初公開すると発表した。

毎年1月に行われるCESには、世界中から家電、コンピューター、オーディオメーカーなどが参加。新製品や最新テクノロジーを披露する世界最大規模の見本市として知られる。

I.D.は、フォルクスワーゲンの次世代EVコンセプトカー。フォルクスワーゲンは、このI.D.の考え方を市販EVに導入し、2020年に発売する計画。

I.D.は、フォルクスワーゲンが電動パワートレーン車用に新開発したモジュラー車台、「MEB」をベースにした最初のコンパクトモデル。EVパワートレーンは、モーターが最大出力170psを発生。1回の充電で、およそ400-600km走行できる性能を備える。

5ドアハッチバックのボディは、後部にスライドドアを採用しているのが特徴。「オープンスペース」と名付けられたインテリアは、広く開放的な空間。完全自動走行モードでは、マルチファンクションステアリングホイールが、ダッシュボードに格納されるなど、先進のインテリアに仕上げている。

【CES 17】VW I.D.、米国で初公開へ…2020年市販のEV

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top