BMW、次世代仮想タッチスクリーン「ホロアクティブ タッチ」初公開へ | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW、次世代仮想タッチスクリーン「ホロアクティブ タッチ」初公開へ

自動車 テクノロジー

BMWのホロ アクティブ タッチ
  • BMWのホロ アクティブ タッチ
ドイツの高級車メーカー、BMWグループは12月16日、米国で2017年1月に開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー2017(CES 2017)において、BMW「ホロ アクティブ タッチ」を初公開すると発表した。

毎年1月に行われるCESには、世界中から家電、コンピューター、オーディオメーカーなどが参加。新製品や最新テクノロジーを披露する世界最大規模の見本市として知られる。

BMWのホロ アクティブ タッチは、ドライバーと車両の間の革新的なインターフェースとして開発。仮想タッチスクリーンのように機能するのが特徴。センターコンソールに置かれるフリーフローティングディスプレイは、指先を使ったジェスチャーコントロールによって作動する。

BMWは、2015年のCESにおいて、ジェスチャーコントロール技術を発表。その後、新型『7シリーズ』と新型『5シリーズ』に搭載された。2016年のCESでは、さらなる発展形として、「AirTouchシステム」を初公開した。

ホロ アクティブ タッチは、これらのシステムの進化バージョン。BMWは「BMW Connectedが提供する多種多様なサービスにアクセスすることもできる」と説明している。

【CES 17】仮想タッチスクリーン「ホロ アクティブ タッチ」初公開へ…BMW

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top