武田梨奈、「ゆうばり国際映画祭」で歴代最年少審査員に抜擢! 斎藤工から応援コメントも | Spyder7(スパイダーセブン)

武田梨奈、「ゆうばり国際映画祭」で歴代最年少審査員に抜擢! 斎藤工から応援コメントも

映画 公開情報

武田梨奈
  • 武田梨奈
  • 斎藤工
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」
  • 内藤誠監督
来年3月2日(木)から開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」。この度、毎年業界内外から注目を集める「コンペティション部門」の審査員に、女優の武田梨奈が決定。併せて俳優の斎藤工からの応援コメントも公開された。

大賞となる「ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門」の審査委員長には、『不良番長』などで知られる内藤誠監督が就任。審査員には、光武蔵人監督やプチョン国際ファンタスティック映画祭・実行委員長のチェ・ヨンベ、KINOTAYO現代日本映画祭実行委員会のディミトリ・イアンニらが参加する。さらに、毎年多彩な作品が集まる「インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門」では、これまで作品ゲストで映画祭に参加してきた武田さんが初の審査員として登場。「まさか審査員として参加する日が来るとは思いませんでした」と驚く様子を見せるも、「最年少審査員としてたくさんの映画と人に触れ、“世界で一番、楽しい映画祭”を堪能したいです」と熱く意気込みを語った。そのほか、『トイレのピエタ』の松永大司監督、アニメーション監督の八代健志など注目のクリエイターが審査員として参加する。

なお、オフシアター・コンペティション部門では応募数532作品の中から7作品、ショートフィルム・コンペティション部門では351作品中20作品が選出。映画祭期間中の厳選なる審査を経て、クロージングセレモニーでグランプリやそのほかの受賞作品が発表。どんな作品がノミネートされたのかは、後日ラインアップ記者会見で発表予定となる。

さらに今回、本映画祭の開催にあたり、無類の映画好きとしても知られ、本映画祭ともゆかりの深い俳優・斎藤さんから応援コメント動画が到着。斎藤さんは「ほかの映画祭にはなかなかない、実家のこたつのような、あたたかくて居心地のものすごく良い映画祭」と本映画祭の印象を話し、今後も行けるときは必ず参加したいとも語っている。


「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」は2017年3月2日(木)~6日(月)の期間で開催。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top