「キングコング:髑髏島の巨神」日本版ポスター公開 新春に巨神降臨 | Spyder7(スパイダーセブン)

「キングコング:髑髏島の巨神」日本版ポスター公開 新春に巨神降臨

映画 公開情報

(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
  • (C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
2017年3月25日にいよいよ日本にも「降臨」するシリーズ最新作『キングコング:髑髏島の巨神』。新たな設定で生まれ変わったキングコングということで、注目度の高い本作だが、2017年早々に挨拶代わりと言わんばかりに、「人類よ、立ち向かうな。」というショッキングなキャッチとともにその雄々しきビジュアルが映された日本版ポスターが公開された。

本作の舞台は、タイトルにもなっている神話の中にだけ存在するとされた謎の島、髑髏島(ドクロトウ)。未知の生物を求め調査遠征隊が潜入するが、島に着くやいなや、状況は一変する。島の至るところに、骸骨が散らばり、そして岩壁には血塗られた巨大な手跡を発見する、というイントロダクションだけでも引き込まれる内容となっている。
そして遂にその姿を現す、巨大なる王キングコング。そして次々と現れる、正体不明の巨大モンスターたちに逃げ惑う調査遠征隊。髑髏島の秘密とは。果たしてコングは人類にとって悪魔なのか、神なる存在なのか。人類は生きて、この島から脱出できるのか。情報公開からはやくも話題となっている暴走アドベンチャー・アトラクションムービーだ。

今回いよいよ公開されたポスターには水面を5人の兵士が隊列をなして進む、空には軍用ヘリが2機。彼らが向かうのは、髑髏島。そびえる山の中央には、赤々と燃える太陽をバックに山のような巨躯で咆哮している巨大なモンスター、キングコングの姿が浮かびあがる。この圧倒的な存在感は、『GODZILLA ゴジラ』製作チームが手掛けているだけあって壮大なものとなっている。調査隊のリーダー役に『マイティ・ソー』シリーズのトム・ヒドルストン。さらに『ルーム』アカデミー(R)主演女優賞受賞のブリー・ラーソンが共演しており、名優たちが巨編に華を添えている。

2020年には日本が生んだキングオブモンスター、ゴジラとの対決もアナウンスされているコング。その雄姿をスクリーンで観れる日は、すぐそこまで迫っている。

『キングコング:髑髏島の巨神』
2017年3月25日ロードショー

(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
《尾花浩介》

編集部おすすめの記事

特集

page top