乗用車に対面シート!パナソニックが提案する次世代車内空間とは | Spyder7(スパイダーセブン)

乗用車に対面シート!パナソニックが提案する次世代車内空間とは

自動車 テクノロジー

パナソニックの次世代インテリア(CES2017)
  • パナソニックの次世代インテリア(CES2017)
  • パナソニックオートモーティブシステムズアメリカのトーマス・ゲッパート社長(CES2017) (c) Getty Images
  • パナソニックの次世代インテリア(CES2017)
  • パナソニックの次世代インテリア(CES2017)
  • パナソニックの次世代インテリア(CES2017)
  • パナソニックの次世代インテリア(CES2017)
  • パナソニックの次世代インテリア(CES2017)
  • パナソニックの次世代インテリア(CES2017)
パナソニックは1月4日、米国ラスベガスで開幕したCES 2017において、「スマートモビリティ」をテーマにした次世代のインテリアを初公開した。

パナソニックはCES 2017において、コネクテッドビークルを重視。次世代のインテリアをコンセプト展示として初公開した。

次世代インテリアのひとつが、コクピット。これは、カーメーカーとの共同開発プロジェクトの一端。少し先の未来を見据え、顔認証技術や車-車間通信機能、車と店舗との連携機能など、スマートモビリティ社会と次世代の車載技術にフォーカスしたコンセプトと技術を採用している。

また、自動運転を想定した車室内空間も、コンセプト展示として初公開。完全自動運転の社会が到来すると考えられている2025年頃を想定した自動運転に適した車室内空間を提案。乗用車で対面シートを実現するインテリア技術が特徴となる。

【CES 2017】パナソニック、次世代インテリアを初公開

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top