BMW、これが次世代未来空間! やはりキーワードはジェスチャー | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW、これが次世代未来空間! やはりキーワードはジェスチャー

自動車 テクノロジー

BMW(CES 2017)
  • BMW(CES 2017)
  • BMW iインサイド・フューチャー・スカルプチャー
  • BMW iインサイド・フューチャー・スカルプチャー
  • BMW iインサイド・フューチャー・スカルプチャー
  • BMW iインサイド・フューチャー・スカルプチャー
  • BMW iインサイド・フューチャー・スカルプチャー
  • BMW iインサイド・フューチャー・スカルプチャー
  • BMW iインサイド・フューチャー・スカルプチャー
ドイツの高級車メーカー、BMWグループは1月4日、米国ラスベガスで開幕したCES 2017において、BMW『iインサイド・フューチャー・スカルプチャー』を初公開した。

iインサイド・フューチャー・スカルプチャーは、BMWグループが考える次世代インテリアを表現したコンセプトモデル。外装のデザインはないものの、先進のインテリアを提示している。

そのハイライトが、「ホロ アクティブ タッチ」。ドライバーと車両の間の革新的なインターフェースとして開発。仮想タッチスクリーンのように機能するのが特徴で、センターコンソールに置かれるフリーフローティングディスプレイは、指先を使ったジェスチャーコントロールによって機能する。

BMWは、すでにジェスチャーコントロールを、新型『7シリーズ』、新型『5シリーズ』に採用。BMWはホロ アクティブ タッチについて、「完全自動運転時代の到来を見据えた技術」とコメントしている。

【CES 2017】BMW、次世代インテリア初公開…完全自動運転に対応

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top