運転席に座るだけで...ボッシュ、近未来コンセプトカーの秘密 | Spyder7(スパイダーセブン)

運転席に座るだけで...ボッシュ、近未来コンセプトカーの秘密

自動車 テクノロジー

ボッシュの新型コンセプトカー(CES2017) Picture: Bosch
  • ボッシュの新型コンセプトカー(CES2017) Picture: Bosch
  • ボッシュの新型コンセプトカー(CES2017) Picture: Bosch
  • ボッシュの新型コンセプトカー
  • ボッシュの新型コンセプトカー
  • ボッシュのヴェルナー・シュトルト役員 Picture: Bosch
  • ボッシュ(CES2017) Picture: Bosch
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュは1月4日、米国ラスベガスで開幕したCES 2017において、新型コンセプトカーを初公開した。

ボッシュの新型コンセプトカーは、「車がドライバーのアシスタントに」をテーマに開発。さまざまな最新技術を搭載する。そのひとつが、顔認識技術。ドライバーが運転席に座った瞬間に、ステアリングホイール、ミラー、車内温度、ラジオなどをドライバーの好みに合わせて調整してくれる。

システムは、触感的なタッチスクリーンとジェスチャーコントロールによって操作可能。どちらもユーザーに触感的なフィードバックを提供する。

また、高度な自動運転が可能になると、車内からクラウドベースのサービスによってテレビ会議に参加したり、ドライバーと同乗者が週末の買い物の計画を立てたり、最新の動画を見たりできるようになる。

ボッシュのヴェルナー・シュトルト取締役は、「車は異なるドメイン間の通信において、中心的な役割を果たすだろう」と述べている。

【CES 2017】ボッシュ、新型コンセプトカー初公開…顔認識技術搭載

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top