ホンダ、心で繋がる「感情エンジン」搭載、自動運転EV「NeuV」初公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

ホンダ、心で繋がる「感情エンジン」搭載、自動運転EV「NeuV」初公開

自動車 テクノロジー

ホンダNeuV
  • ホンダNeuV
  • ホンダNeuV
  • ホンダNeuV
  • ホンダ(CES 2017)
  • ホンダ(CES 2017)
  • ホンダ(CES 2017)
  • ホンダ(CES 2017)
  • ホンダ(CES 2017)
ホンダは1月5日、米国ラスベガスで開催中のCES 2017において、自動運転機能を備えたEVコミューターのコンセプトカー、『NeuV』を初公開した。

NeuVには、人とのコミュニケーションを行うAI技術の「感情エンジンHANA」(Honda Automated Network Assistant)を搭載。感情エンジンは、ソフトバンクグループ傘下のcocoro SB株式会社が開発したAI技術。機械自らの感情を擬似的に生成する機能について、ホンダと研究開発を共同で進めている。

NeuVは、ドライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断して、安全運転のサポート。ライフスタイルや嗜好を学習して、状況に応じた選択肢の提案を行うなど、ドライバーとモビリティの自然なコミュニケーションを実現した。

また、所有者が使用しない時間には、所有者の許可を得て、自動運転で移動しライドシェアを行う。自動運転技術とAIによって拡がるモビリティの可能性を模索するコンセプトモデルが、NeuVとなる。

【CES 2017】ホンダ NeuV 発表…「感情エンジン」の自動運転EV

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top