未来のボルボ車、全てのモデルを完全電動化へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

未来のボルボ車、全てのモデルを完全電動化へ!

自動車 テクノロジー

ボルボXC90のPHV、T8グレード
  • ボルボXC90のPHV、T8グレード
  • ボルボXC90のPHV、T8グレード
  • ボルボXC90のPHV、T8グレード
スウェーデンのボルボカーズは1月25日、AWD(4WD)モデルの登場20周年に合わせて、今後のパワートレインの方向性を明らかにした。

ボルボのAWDシステムにおける研究とテストの出発点は、20年以上前にさかのぼる。量産モデルとして初めてAWDを採用したボルボ車は、1996年5月に発売されたボルボ『850エステート』だった。

その後、AWDシステムは大きく進歩。最新版では、システムの軽量化にともない、効率性が向上。最新のボルボ車に搭載される効率的な「アクティブ・オン・デマンド」テクノロジーは、四輪が常に作動状態となり、必要に応じて瞬時に後輪へトルクを配分できる。この時に配分されるトルクは、ハンドリングや安定性、およびトラクション特性が、常に適切になるように制御。AWDシステムは、現在のモジュラー設計に組み込まれており、全てのボルボ車に用意されている。

また、電気モーターで後輪を駆動するAWDシステムも開発。新型『XC90』のプラグインハイブリッド車(PHV)、「T8ツインエンジン」グレードには、後輪をモーターで駆動する電動リアアクスルドライブユニットを搭載する。

ボルボカーズの開発担当、ヘンリック・グリーン上級副社長は、「未来のボルボ車は、完全バッテリー駆動のEVや、その他のパワートレインの採用へと移行していく。これにより、路面状況やドライビングスタイルに基づき、各モーターとホイールを個別に制御する機会が、ますます増えるだろう」と述べている。

ボルボの未来のパワートレイン、すべて電動化へ…上級副社長コメント

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top