メルセデスCクラス、4気筒モデル初の四輪駆動登場! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスCクラス、4気筒モデル初の四輪駆動登場!

自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ C200 4マチック アバンギャルド
  • メルセデスベンツ C200 4マチック アバンギャルド
  • メルセデスベンツ C180クーペ
メルセデス・ベンツ日本は、『Cクラス(セダン/ステーションワゴン)』に4気筒モデル初の四輪駆動モデル「C200 4マチック アバンギャルド」を追加し、2月1日より販売を開始した。

四輪駆動システム「4マチック」は、これまでCクラスセダンおよびステーションワゴンでは6気筒モデルにのみ設定されていたが、今回、4気筒ガソリンモデルにも設定したC200 4マチック アバンギャルドをラインアップに追加する。価格は551万円。

また、Cクラスセダンおよびステーションワゴンの装備内容を見直し、標準装備の「レーダーセーフティパッケージ」をオプション設定とし、価格を20万円引き下げた。さらに、4気筒ガソリンエンジン搭載モデルのトランスミッションを、従来の7速からメルセデス最新の9速AT「9G-トロニック」に変更。高い快適性と静粛性を実現する。

価格はC200アバンギャルドが525万円、同ステーションワゴンが561万円、C220dアバンギャルドが550万円、同ステーションワゴンが587万円など。

Cクラスクーペには、エントリーモデルとして「C180クーペ」を追加したほか、1.6リットルモデルのトランスミッションをセダン/ステーションワゴン同様、従来の7速から9G-トロニックに変更。上位モデルのC180クーペスポーツは、シートヒーター(前席)、メモリーシート(前席)、オートマティックベルトフィーダーを新たに標準装備。価格を16万円引き上げた。

価格はC180クーペが499万円、同スポーツが563万円。

メルセデスベンツ Cクラス、4気筒モデル初の4マチック搭載車を発売

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top