マクラーレンが3月発表の新型スーパーカー、空力効率は 650S の2倍に | Spyder7(スパイダーセブン)

マクラーレンが3月発表の新型スーパーカー、空力効率は 650S の2倍に

自動車 ニューモデル

マクラーレンの新型スーパーカーの予告イメージ
  • マクラーレンの新型スーパーカーの予告イメージ
英国のスポーツカーメーカー、マクラーレンオートモーティブが3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアする新型スーパーカー。同車に関して、新たな情報が明らかにされた。

この新型スーパーカーは、同社の「スーパーシリーズ」最新作。スーパーシリーズは2011年、『12C』が最初に登場。2014年には『650S』に進化した。ジュネーブモーターショー2017で初公開されるのは、650Sの後継車となる。

今回、マクラーレンオートモーティブは、この新型スーパーカーについて、新たな情報を発表。それは、エアロダイナミクス性能に関するもの。マクラーレンオートモーティブによると、空力効率は650Sの2倍に高められているという。

また、新型スーパーカーには、エアブレーキ機能を持たせたアクティブリアウィングの最新版を採用。マクラーレンオートモーティブは、「高速域でのブレーキ時の安定性を引き上げた」と説明する。

なお、マクラーレンオートモーティブは、新型スーパーカーの新たな予告イメージを配信している。

【ジュネーブモーターショー2017】マクラーレンが発表予定の新型スーパーカー、空力効率は 650S の2倍に

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top