魂のドライビングモード搭載、ランボルギーニ ウラカン LP580-2詳細写真集! | Spyder7(スパイダーセブン)

魂のドライビングモード搭載、ランボルギーニ ウラカン LP580-2詳細写真集!

自動車 ニューモデル

ランボルギーニ ウラカンLP580-2
  • ランボルギーニ ウラカンLP580-2
  • ランボルギーニ ウラカンLP580-2
  • ランボルギーニ ウラカンLP580-2
  • ランボルギーニ ウラカンLP580-2
  • ランボルギーニ ウラカンLP580-2
  • ランボルギーニ ウラカンLP580-2
  • ランボルギーニ ウラカンLP580-2
  • ランボルギーニ ウラカンLP580-2
ランボルギーニ『ウラカン』の2WDモデルが、『ウラカンLP580-2』だ。その価格は2280万円である。

搭載されるエンジンは、自然吸気V型10気筒5.2リットルで、最大出力は580hp、最大トルクは540Nmを発揮。その重量は1389kg(乾燥重量)と4WDよりも33kg軽量化された結果、0-100km/hは3.4秒、最高速度は320km/hとなった。

そのエンジンは他のウラカンと同様気筒休止システムが標準装備され、エンジンをフル稼働させる必要のない時は、10気筒のうち5気筒を一時的に休止。アクセルを踏むと、自動で10気筒モードへと切り替わる。これにより11.9リットル/100km(複合燃料消費)、CO2排出量を278g/kmまで削減された。

前後重量配分は40対60にすることでフロント荷重を削減。ステアリングホイール上のANIMA(イタリア語で“魂”の意)スイッチにより、トラクション志向でアンダーステア気味のストラーダモード、若干オーバーステア傾向でスポーティな走りが可能なスポルト、サーキットで最大のパフォーマンスを発揮するコルサという3つのドライビングモードが選択出来、後輪駆動ならではのドライビングを楽しむことが可能になっている。

ターゲットは、より強烈なドライビングエクスペリエンスを求める、あるいは、他ブランドの後輪駆動を所有し、いずれランボルギーニを欲しいと考えているユーザーだという。

ランボルギーニ ウラカン LP580-2…“魂”スイッチで2WDならではの走りを楽しむ[写真蔵]

《内田俊一@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top