藤原紀香は雨女で天然!『サバイバルファミリー』監督暴露で本人タジタジ… | Spyder7(スパイダーセブン)

藤原紀香は雨女で天然!『サバイバルファミリー』監督暴露で本人タジタジ…

映画 公開情報

藤原紀香/『サバイバルファミリー』初日舞台挨拶
  • 藤原紀香/『サバイバルファミリー』初日舞台挨拶
  • 小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかな、時任三郎、藤原紀香、大野拓朗、志尊淳、矢口史靖監督/『サバイバルファミリー』初日舞台挨拶
  • 小日向文世/『サバイバルファミリー』初日舞台挨拶
  • 深津絵里/『サバイバルファミリー』初日舞台挨拶
  • 泉澤祐希、葵わかな/『サバイバルファミリー』初日舞台挨拶
  • 大野拓朗、志尊淳/『サバイバルファミリー』初日舞台挨拶
  • 大野拓朗、志尊淳、藤原紀香、時任三郎/『サバイバルファミリー』初日舞台挨拶
  • /『サバイバルファミリー』初日舞台挨拶
突然、電気が消滅した世界を舞台にしたヒューマンコメディ『サバイバルファミリー』の初日舞台挨拶が2月11日(土・祝)、都内で行われ、小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかな、時任三郎、藤原紀香、大野拓朗、志尊淳、矢口史靖監督が登壇した。

亭主関白で口先だけの父親(小日向さん)、天然な専業主婦(深津さん)、無口な長男(泉澤さん)、スマホ命の長女(葵さん)の4人家族が、電気消滅によって交通機関や電話、ガス、水道まで完全にストップし、廃墟と化した東京からの脱出を試みる。

主演を務める小日向さんは、「ブタにふり落とされて、肋骨のヒビが癒されぬまま、水温7度の天竜川に無理やり入らされ(笑)あれから1年以上が経って、やっと皆さんにご覧いただける」と感無量の面持ち。妻役で共演する深津さんは、「今日という日を迎えるために、数々のサバイバルを乗り越えた」としみじみ語り、「こんなキュートな63歳はどこにもいません。一生かわいい人でいてください。ずっと大好きです」と小日向さんの労をねぎらった。

この日の舞台挨拶で最も饒舌(じょうぜつ)だったのは矢口監督で、特に藤原さんに対し、“言いたいこと”が山積していた様子。「藤原さんが現場に来る日に限って、雨が降るんです」と雨女ぶりを明かすと、藤原さんは「乾季のケニアに行ったときも、洪水になるくらい雨が降っちゃって…。動物たちや現地の人が喜んでいた。それに中国で撮影をしたときも、雨が降り『祝福の雨だから、いいんだよ』って言われた」とどこまでもポジティブシンキング。

負けじと矢口監督は、「藤原さんは天然なところもある」と暴露し、藤原さんが自身で提案したセリフ変更を、本番ですっかり忘れていたというエピソードを披露。さすがの藤原さんも「いや、台本が練りに練られていたので…。すみません」と釈明すると、矢口監督は「いまさら何ですか!」と怒り心頭(?)だった。

『サバイバルファミリー』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top