羽生結弦、注目の復帰戦! 「四大陸フィギュア」が“放送&配信”決定 | Spyder7(スパイダーセブン)

羽生結弦、注目の復帰戦! 「四大陸フィギュア」が“放送&配信”決定

スポーツ 国内

「四大陸フィギュアスケート選手権2017」
  • 「四大陸フィギュアスケート選手権2017」
フィギュアスケートで今年最初の大きな国際試合「四大陸フィギュアスケート選手権」。この度、この激戦の模様をフジテレビ地上波では2月16日(木)~19日(日)まで4夜連続ゴールデンタイムで放送し、さらにテレビ放送翌日の昼12時ごろから、男子と女子/ショートプログラム・フリーに出場するすべての選手の演技を番組公式Webサイトにて無料ノーカット配信されることが決定。また、地上波で放送予定のないエキシビションは、FODにて有料配信を実施することも明らかになった。

「四大陸フィギュアスケート選手権」は、ヨーロッパを除く4つの大陸(アメリカ、アジア、アフリカ、オセアニア)から選手が集い、毎年開催される大会。国際スケート連盟が主催する選手権で、伝統のヨーロッパ選手権と並び、世界選手権に次ぐ大会と位置づけられているのだが、今回は例年と違い特別な意味を持つ。それは開催場所が2018年平昌オリンピックと同じ会場「江陵アイスアリーナ」で開催されるということ。1年後をにらんだ本当の戦いがこの四大陸選手権から始まる。

そして最大の注目は、日本不動のエース・羽生結弦。昨シーズンは世界歴代最高記録を更新、今シーズンは復帰初戦で史上初の4回転ループを成功、GPファイナルでは史上初の4連覇を果たすものの、5連覇を目指した全日本選手権は直前の体調不良で欠場となってしまった。そのため、この四大陸選手権が注目の復帰戦だ。さらに、その羽生選手を脅かす存在として急成長を遂げているのが、GPファイナルで2年連続表彰台、そして全日本選手権初制覇を飾った宇野昌磨。新たな武器である大技「4回転フリップ」に加え、3種目の4回転ジャンプを披露する可能性もあり注目が高まる。

一方女子は、シニアデビューで四大陸選手権出場を果たした樋口新葉に注目。スピード感あふれるスケーティングに飛距離のあるジャンプが大きな魅力の彼女は、初のGPシリーズのフランス大会では3位表彰台、全日本選手権でも目標の200点に迫る総合得点199.49点で2年連続2位の表彰台。フリーに組み込んだ3回転ルッツ+3回転トゥループを武器に、精神面での成長を果たした16歳の演技から目が離せない。また、難病を乗り越えて再びリンクに戻ってきた三原舞依や、宮原知子の欠場により急遽出場が決まった本郷理華の演技も見逃せない。

各国のトップ選手が集結する四大陸フィギュアスケート選手権。ナビゲーターには高橋大輔、解説には荒川静香(女子)、本田武史(男子)でお届けする。

「四大陸フィギュアスケート選手権2017」は2月16日(木)~19日(日)フジテレビほかにて放送。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top