メルセデス・レーシングxピニンファリーナの次世代スーパーカー、600馬力以上と判明! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデス・レーシングxピニンファリーナの次世代スーパーカー、600馬力以上と判明!

自動車 ニューモデル

EF7ヴィジョン・グランツーリスモ
  • EF7ヴィジョン・グランツーリスモ
  • EF7ヴィジョン・グランツーリスモ
  • EF7ヴィジョン・グランツーリスモ
元F1ドライバーのエマーソン・フィッティパルディ氏が仕掛け、メルセデス・レーシングとピニンファリーナが設計を担当した、次世代スーパーカー「EF7ヴィジョン・グランツーリスモ」の一部スペックが判明すると共に、フロントエンドのティザーショットが公開された。

F1のような、カーボンファイバー・モノコックボディは、「ラ・フェラーリ」より軽量の1,000kgに抑え、パフォーマンスを大幅に高めている。

パワートレインは、自然吸気V型8気筒を搭載し、最高馬力は600ps以上としている。

ワールドプレミアは3月のジュネーブモーターショーが予定されており、コンセプトモデルではあるが、プロダクションモデルに近いデザインという。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top