ベントレーコンチネンタルGT V8Sにアダルト志向の「ムーンクラウドエディション」…日本向け12台の限定車登場 | Spyder7(スパイダーセブン)

ベントレーコンチネンタルGT V8Sにアダルト志向の「ムーンクラウドエディション」…日本向け12台の限定車登場

自動車 ニューモデル

ベントレーコンチネンタルGT V8Sムーンクラウドエディション
  • ベントレーコンチネンタルGT V8Sムーンクラウドエディション
  • ベントレーコンチネンタルGT V8Sムーンクラウドエディション
  • ベントレーコンチネンタルGT V8Sムーンクラウドエディション
  • ベントレーコンチネンタルGT V8Sムーンクラウドエディション
  • ベントレーコンチネンタルGT V8Sムーンクラウドエディション
  • ベントレーコンチネンタルGT V8Sムーンクラウドエディション
  • ベントレーコンチネンタルGT V8Sムーンクラウドエディション
  • ベントレーコンチネンタルGTブライトリングジェットチームシリーズ
ベントレーモーターズジャパンは、ベントレー『コンチネンタルGT V8S』をベースにした限定車、『コンチネンタルGT V8S ムーンクラウドエディション』を12台限定で発売した。価格は2410万円。

「この限定車はリテーラー(ディーラー)からのリクエストによって作られた」とは同社マーケティングPRマネージャーの横倉典氏の弁。

最も目を惹くのはエクステリアカラーだ。「ベントレーのブランドパートナーであるブライトリングジェットチームの特別限定車から着想を得たデュオトーン(ツートンカラー)だ。日本でもデュオトーンが受けるのではないか、ぜひ作ってほしいという要望のもと、ベントレーの特別注文部門のマリナーの手で作られた」という。因みにクーペのデュオトーンは日本初である。

そのコンセプトは、「月夜に映えるクルマを作ろうというもので、 “ムーンビーム(月の光)”というシルバーと、黒らしい黒の“オニキス”の組み合わせのボディカラーだ」と説明。

インテリアも黒を基調としており、「ベルーガという黒のハイド(革)にピアノブラックのウッドパネルが配されている」という。

そのインテリアには、クラインブルーという差し色が入る。このイメージは、「月夜に浮かぶ雲のうっすらと青味が感じられる光をイメージしており、このカラーでエレガントな印象を与えている」と横倉氏。シートや、ダッシュボード、ドア、ステアリングのステッチのほか、フロアマットやトランクのカーペットのパイピングなどに使用されている。また、インパネ中央にあるブライトリングの時計のフェイス部分にもクラインブルーの指し色が入っているほか、シートの刺繍もクラインブルーの糸で刺繍されている。

ベントレーコンチネンタルGT V8Sムーンクラウドエディション…日本向け12台の限定車登場

《内田俊一@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top