Facebookから始まった台湾全力女子×日本緩慢男子の恋、初夏公開へ | Spyder7(スパイダーセブン)

Facebookから始まった台湾全力女子×日本緩慢男子の恋、初夏公開へ

映画 公開情報

『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』 (C)“Mamadame” production committee
  • 『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』 (C)“Mamadame” production committee
  • 『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』
  • 『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』
  • 『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』
Facebookで知り合った台湾全力女子・リンちゃんと、日本緩慢男子・モギさんが国境を越えて距離を縮め、ゴールインするまでの過程をたどるノンフィクション・ラブストーリー『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』の日本公開が、初夏に決定。主演を務める台湾の注目女優ジエン・マンシューと俳優・中野裕太の“ほっこり”メイン写真も到着した。

台湾に住む、元気いっぱいの女の子リン。日本のドラマやアニメが大好きで、通っている大学でも日本語を専攻するくらいの立派な“ジャパオタ”。日本を襲った震災に世界中が揺れているとき、リンのFacebookに1通のメッセージが届いた。それは、日本人青年からのメッセージ。彼の名前は「モギ」。茂木(モギ)は震災で復興支援に協力的な台湾の国民性や親日感情を知り、興味を抱き、まだ見ぬリンにメッセージを送ったのだった。彼の友達申請を承諾したリンは、茂木とFacebookでやり取りするように。内容はたわいもないことや、日本のこと、お互いの悩みや日々の出来事。

そして迎えたゴールデンウィーク。台湾で初めて顔を合わせる2人。その時間はあっと言う間だったが、2人の距離はよりいっそう縮まり、その日を境に、たわいもなかったFacebook上でのチャットがリンとモギとのオンラインデートとなった。内容は相変わらずだったが、2人は幸せだった。お互いの気持ちは、いつしか海を越え――。

実話をもとに、ドラマ「拝啓、民泊様」の谷内田彰久監督が初長編映画のメガホンをとった本作。Facebookで出会ったリンちゃんとモギさんの日常を紹介するFacebookページ「雖然媽媽説我不可以嫁去日本。」は32万人のファンを獲得し、日本を愛する台湾人女子は台湾好きな日本人からも高い支持を受けている。また、原作となるFacebookの内容を読みやすくまとめ、大反響を呼んだウェディングフォトも収録した書籍「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」(新潮社)も発売中だ。

「リンちゃん」を演じるジエン・マンシューは、TVドラマ「あの日を乗り越えて」などで知られ、日本ではアイドル的なイメージが強いが、若手発掘を目的とされる映画祭で助演女優賞を獲得するなど演技派として注目度上昇中。今回、本作では大胆で活発、くるくる変わる表情が魅力的な「リンちゃん」を作り上げている。

また、「リンちゃん」の夫となる「モギさん」役には、谷内田監督とは「拝啓、民泊様」でもタッグを組み、『新宿スワン』などにも出演してきた中野裕太。少し控え目だけど、実は「リンちゃん」を大切にしたいと思っている、そんな「モギさん」を体現する自然体の演技が魅力となっている。

今回公開されたメイン写真は、ジエン演じるリンちゃんの無邪気な笑顔と、中野さん演じるモギさんの温和な笑顔に癒やされる仲睦まじいカット。国境を越えた2人がどのように出会い、どのように恋を育み、ゴールインするのか、『ママダメ』でのさまざまな展開を予感させている。

『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』は初夏、新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top