太っ腹!メルセデスAクラス次期型、デジタルコックピットを採用へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

太っ腹!メルセデスAクラス次期型、デジタルコックピットを採用へ!

自動車 新車スクープ

メルセデスベンツAクラススクープ写真
  • メルセデスベンツAクラススクープ写真
  • メルセデスベンツAクラススクープ写真
  • メルセデスベンツAクラススクープ写真
  • メルセデスベンツAクラススクープ写真
  • メルセデスベンツAクラススクープ写真
  • メルセデスベンツAクラススクープ写真
  • メルセデスベンツAクラススクープ写真
  • メルセデスベンツAクラススクープ写真
メルセデスベンツのコンパクトハッチ、「Aクラス」次期型の本物ボディを初めてSpyder7のカメラが捉えた。

これまでミュールだったが、外も中も全て次期型となった新プロトタイプは、フルカモフラージュながら、新デザインが明らかになった。

先ずヘッドライトは、薄くシャープに吊りあがっているようだ。エアインテークなどの形状は不明だが、ボンネットは低くワイドに、そしてロングノーズ化されている。

ホイールベースは延長され、室内空間がかなり向上しているのではないだろうか。そしてハイライトはインパネだろう。「Eクラス」新型同様の「デジタルコックピット」が確認出来る。アウディA3では、バーチャルコックピットがオプションだが、Aクラスでは標準装備となるか期待したい所だ。

リアコンビランプは現行モデルと大きく異なり、横長のデザインや新グラフィックの一部さえも確認出来る。

ルノー・日産アライアンスと共有する「MFA2」プラットフォームを採用する次期型は、全体的にかなりスポーティーになるだろう。

パワートレインは9速DCTと組み合わされる1.6リットル、及び2リットル直列4気筒エンジンや、プラグインハイブリッドなどがラインナップされる。

フロントウィンドゥには、以前のプロトタイプとは異なるレーダーが取り付けられえており、次世代安全装備開発も着々と進んでいるようだ。

ワールドプレミアは2018年秋頃か。

メルセデス初のピックアップ「Xクラス」市販版の生スパイショットはコチラ!
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top