郷ひろみ、初の悪役に意欲!「嫌な奴だなぁ、と感じて」ドラマ「LEADERSII」 | Spyder7(スパイダーセブン)

郷ひろみ、初の悪役に意欲!「嫌な奴だなぁ、と感じて」ドラマ「LEADERSII」

話題 アイドル

「LEADERSII」(c)TBS
  • 「LEADERSII」(c)TBS
  • 「LEADERSII」(c)TBS
  • 「LEADERS2」
  • 「LEADERSII」(c)TBS
  • 「LEADERSII」(C)TBS
  • 「LEADERSII」(C)TBS
  • 「LEADERSII」(C)TBS
佐藤浩市・主演、菅野美穂、東出昌大、山口智子、尾上菊之助ら豪華俳優陣の共演で贈る大型スペシャルドラマ「LEADERSII」。この度、本作の新たなキャストとして、日本を代表するポップシンガー・郷ひろみの出演が決定。「TBS テレビ60周年特別企画 天皇の料理番」以来、2年ぶりのドラマ出演にして、デビュー45周年で自身初の“ヒール”役を演じる。

1934年(昭和9年)、10年前の関東大震災によって物資輸送網が断絶された苦い経験から、日本の自動車需要は急速に加熱していた。欧州勢に加えて、アメリカのフォード、GMの本格参入によって日本の市場はまさに外国車販売の戦国時代へ突入していた。愛知にあるGM車販売店「日の出モータース」の支配人・山崎亘(内野聖陽)はアメリカ流の販売方針を押し付けられることに抵抗し、ことあるごとに改善を訴えてきた。だが、大阪に拠点を置く「日本ゼネラル モータース」は、一販売店の意見に耳を傾けることはなかった。大阪からの帰りに山崎は、鈴鹿峠の山道で立ち往生しているシボレーを、背広のまま修理する男・愛知佐一郎(佐藤浩市)に出会う。これがアイチ自動車売店第一号となり、佐一郎を支え続けることになる山崎亘と佐一郎の運命の出会いであった…。

2014年3月に2夜連続で放送されたドラマ「LEADERS」の続編となる本作では、第1弾で明かされなかった新たな真実に光を照らしてく。ストーリーの主軸を国産自動車開発の世界から販売の世界へと展開し、国産自動車の開発に邁進する主人公・愛知佐一郎と、佐一郎を販売面で支え続けた男たちの物語となるという。

キャストには、主演の佐藤さんが愛知佐一郎を演じるほか、新キャストとして内野聖陽、東出さん、山崎努。また第1弾に引き続き、後のアイチ自動車の労働組合委員長になる北川隆二役の吉田栄作、経理部長の近藤利郎役の萩原聖人、高橋和也、緋田康人、えなりかずき、前田敦子ら豪華キャストが出演する。

この度、新たにキャスト発表された郷さんが演じるのは、GM車の販売店・酒田ガレージの社長・酒田健太郎。名古屋市内で同じGMの販売店である日の出モータースの山崎亘(内野聖陽)とはライバル関係。戦後はアメリカ製自動車を一手に扱う販売店になり、アイチ自動車販売に移籍した山崎とはことごとく対立することになる。このアイチ自動車にとっては敵役とも言える役どころだが、デビュー45周年で自身初となる“ヒール”を演じる郷さんに注目だ。

初の悪役に郷さんは、「どう演じたら嫌な奴に見えるのかを考え、色々なパターンの表現ができるように準備しました」と役作りを明かし、「男たちが熱いドラマを繰り広げる中で、私が演じた酒田のような人間がいるからこそ、彼らがより一層“燃える”のだと思います。その火を燃やす燃料となれるよう、頑張ります。視聴者の皆さんに、『本当に嫌な奴だなぁ』と感じて頂けたら嬉しいです」とコメントを寄せた。

なお、3月20日(月・祝)19時からは、「LEADERSディレクターズカット」(仮)が、4時間の大型番組として放送されることが決定。前作を見ていない人はもちろん、見た人も今作放送開始前にぜひこちらでおさらいしてみて。

大型スペシャルドラマ「LEADERSII」は3月26日(日)21時~TBSにて放送。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top