淵上泰史×田中俊介『ダブルミンツ』“瞬き厳禁”本編映像初公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

淵上泰史×田中俊介『ダブルミンツ』“瞬き厳禁”本編映像初公開

映画 公開情報

『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
サブカル界のカリスマ、中村明日美子の問題作を『下衆の愛』の内田英治が映画化する『ダブルミンツ』。この度、初めて本編映像が一瞬だけ垣間見ることができる特報予告と、本ポスタービジュアルが到着した。

「女を殺した――」ある日突然、壱河光夫(淵上泰史)の携帯電話にかかってきた高飛車な声の主は、高校時代の同級生でいまはチンピラになっている市川光央(田中俊介)だった。高校の新クラスで出会った同じイチカワミツオの音の名前を持つ2人だったが、冷酷で高飛車な光央(須賀健太)にいつしか光夫(川籠石駿平)は下僕となり逆らえない主従関係となっていた。 数年を経て、衝撃的な再会をした光夫と光央だったが、かつての隠微な記憶が忘れられない光夫は、逆らうことなく共犯者となった。だがそれは高校の頃の主従関係でない、新しい形の関係へと姿を変えていく…。

原作は、少女漫画やボーイズラブなど、その作風で多くの熱狂的ファンを得ているサブカル界のカリスマ・中村氏の傑作といわれる衝撃的な作品「ダブルミンツ」。高校時代に強者と弱者の主従関係となっていた同じ音の名前を持つ2人の男が、時を経て衝撃的な再会をしたことで、その関係は次第に新しい関係に変わっていき、やがて取り返しのつかない犯罪の世界へ墜ちていく姿が描かれる。本作は、実写映画化が発表されるや大きな話題となり、クラウドファンディングの募集もわずか1日で達成するなど、ファンの間でも早く映画が見たいという声が高まってきている。

主演は、今作が初主演作となる淵上泰史(壱河光夫役)と、「BOYS AND MEN」田中俊介(市川光央役)。そして、須賀健太が高校時代の高圧的な光央役を演じるほか、冨手麻妙、川籠石駿平、高橋和也、小木茂光が脇を固めている。

そんな期待高まっている本作から、暗闇で穴の中に折り重なる2人の男たちを中心に据えた、衝撃的かつ妖しげな雰囲気を醸し出した本ポスタービジュアルが到着。また、併せて公開された15秒の特報予告では、まだまだベールに包まれた映像の中で、田中さん演じる市川光央が、ものすごい形相で銃口を向けるシーンなど、本編映像がほんの少し垣間見ることができる。



『ダブルミンツ』は初夏、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top