ベントレー コンチネンタルGT、次期型は600馬力のウルトラクーペだ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ベントレー コンチネンタルGT、次期型は600馬力のウルトラクーペだ!

自動車 新車スクープ

ベントレーコンチネンタル GTスクープ写真
  • ベントレーコンチネンタル GTスクープ写真
  • ベントレーコンチネンタル GTスクープ写真
  • ベントレーコンチネンタル GTスクープ写真
  • ベントレーコンチネンタル GTスクープ写真
  • ベントレーコンチネンタル GTスクープ写真
  • ベントレーコンチネンタル GTスクープ写真
  • ベントレーコンチネンタル GTスクープ写真
  • ベントレーコンチネンタル GTスクープ写真
ベントレーの4シーター高級クーペ、「コンチネンタルGT」次期型のプロトタイプを再びSpyder7のカメラが捉えた。

次期型は、「EXP 10 Speed 6」の意匠を継承する、滑らかでスポーティーなデザインが採用されると見られている。

フルカモフラージュされたボディにある、ティアドロップ型ヘッドライトは、勿論フェイクだ。フロントバンパーのエアインテークは薄くワイドに、テールライトも横長のデザインが採用されると予想される。

パワートレインは、VWグループ最新世代の6リットルW12型ツインターボチャージャーエンジンを搭載し、最高馬力は初の600psへ達する。

また、ポルシェ パナメーラと共有する、550psの4リットルV型8気筒ツインターボエンジンや、3リットルV型6気筒ツインターボエンジン、V型6気筒+モーターのプラグインハイブリッドもラインナップされる可能性があると言う。

VWグループ「MSB」軽量アルミニウムプラットフォームにより、約330ポンド(150kg)もの軽量化が図られ、燃費とパフォーマンスが大幅に向上するだろう。

ワールドプレミアは、早ければ2018年3月、遅れれば秋頃となりそうだ。

アストンマーティン の最新クーペも気になる!
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top