ルーク・エヴァンス、うぬぼれ“ガストン”ポスター解禁!『美女と野獣』 | Spyder7(スパイダーセブン)

ルーク・エヴァンス、うぬぼれ“ガストン”ポスター解禁!『美女と野獣』

映画 公開情報

ガストン&ル・フウ/『美女と野獣』キャラポスター(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • ガストン&ル・フウ/『美女と野獣』キャラポスター(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『美女と野獣』キャラポスター(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『美女と野獣』(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
エマ・ワトソンをヒロイン・ベル役に迎え、野獣役に「ダウントン・アビー」の英国美男ダン・スティーヴンス、さらにユアン・マクレガー、エマ・トンプソン、イアン・マッケランら実力派俳優たちが集結する実写映画『美女と野獣』。このほど、ベルと野獣の前に立ちはだかるガストン(ルーク・エヴァンス)とル・フウ(ジョシュ・ギャッド)のキャラクターポスターが解禁となった。

魔女によって野獣の姿に変えられてしまった美しい王子。呪いを解く鍵は、魔法のバラの花びらが全て散る前に誰かを心から愛し、そして愛されること――。だが、野獣の姿になった彼を愛する者などいるはずがなく、ひとり心を閉ざして暮らしていた。そんな絶望の日々に変化をもたらしたのは、聡明で美しい女性ベル。自分らしく生きながらも、周囲から「変わり者」と呼ばれ心に孤独を抱えていた彼女は、外見に囚われ本当の自分を見失っていた王子を少しずつ変えていくが…。

“人とは違う”ことを自分だけの輝きに変えるベルと、“人とは違う”外見に縛られ、本当の自分を受け入れられない野獣。ベルはなぜ、そんな野獣を愛したのか? 知られざる真実が明かされることになる本作。

今回到着したのは、ベルと野獣の愛に横やりを入れるイケメン、ガストンと、彼につくお調子者のル・フウのキャラクタービジュアル。ガストンは村の英雄として崇められ、見た目はハンサムだが、腕っぷしの強さだけが自慢の男。自分がいつでも頂点におり、ほかの者は自分の下にいると考えるうぬぼれやで、自分には何の欠点もないと思い込む男。そんなガストンは村1番の美女・ベルに求婚するが、失敗の連続。断るベルに対しても、“どうして自分の妻になりたがらないのか、理解できない”という始末。そんな彼を崇拝するのは子分的存在のル・フウ。つねにガストンについて回り、彼のご機嫌をとってばかりいるお調子者だ。

ガストンを演じる『ホビット』シリーズで知られるルーク・エヴァンスは、「ガストンとル・フウは映画にユーモアとコメディをもたらすんだけど、最終的には2人がそのまま映画の中の闇も表現するということ。それって演じていてすごく面白かったところだね。ひとつのキャラクターが明るさとユーモアと、最終的には物語を台無しにするような役割まで担っているわけだからね。そこが演じていて1番難しいところであり、面白いところだった」とコメントし、ル・フウ役のジョシュ・ギャッドとの悪役を、大いに楽しみながら演じた様子だ。

また、『アナと雪の女王』でオラフの声を務めていたジョシュは、「いまの時代ほど、人を最初の見た目や印象だけで判断してはいけない、ということが大事な時代ってないと思う。人の見た目、前提、偏見などで判断してはいけない時代をね」と真摯にコメント。「みんな、人が何を考えているのか分かっていると思うことが多い。だけど、この映画は、それぞれの人には物語があり、歴史があり、家族がいて、何かしらの背景があるということを語っている。だから人を見た目だけで判断してしまう前に、それぞれに理解すべきことがあるんだということを描いていると思う」と語り、この作品が持ち合わせるメッセージとともに、劇中ではキャラクターたちのバックグラウンドにも迫ることに言及する。

ルーク演じるガストンと、ジョシュ演じるル・フウの息の合ったコンビが物語をかき乱すことによって生まれるハラハラドキドキのアクションシーンと、歌やダンスは必見! ベルはなぜ、ハンサムな村の英雄・ガストンではなく、野獣を愛したのか? その理由に注目していて。

『美女と野獣』は4月21日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top