アウディRS3 スポーツバック、改良型型は400馬力でクラス最強へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディRS3 スポーツバック、改良型型は400馬力でクラス最強へ!

自動車 ニューモデル

アウディRS3スポーツバック改良新型
  • アウディRS3スポーツバック改良新型
  • アウディRS3スポーツバック改良新型
  • アウディRS3スポーツバック改良新型
  • アウディRS3スポーツバック改良新型
  • アウディRS3スポーツバック改良新型
  • アウディRS3スポーツバック改良新型
  • アウディRS3スポーツバック改良新型
アウディは3月7日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー2017において、改良新型『RS3 スポーツバック』を初公開する。

直噴2.5リットル直列5気筒ターボ「TFSI」エンジンは、大幅改良。アルミ合金製のクランクケースの採用などにより、重量を26kgも削減した。

また、より理想的な混合気を生成するため、インテークマニフォールドと燃焼室の両方に噴射装置を備えたデュアルインジェクションを採用。その一方で、排気側にもアウディバルブリフトシステムを採用し、スロットル開度やエンジンスピードに応じてバルブが開く時間をコントロールして、低‐中間負荷領域では燃料消費を抑えつつ、全負荷領域ではパワーとレスポンスを向上させた。

スペック上では、最大出力がプラス33hpの400hpとクラス最強。最大トルクがプラス1.5kgmの48.9kgmを獲得。最大トルクは1700‐5850rpmの幅広い領域で引き出される。改良新型RS3スポーツバックは、0-100km/hを4.1秒で駆け抜け、最高速は250km/h(リミッター作動)。オプションでリミッターが解除でき、この時の最高速は280km/hに到達する。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「Sトロニック」。駆動方式は、4WDの「クワトロ」。クワトロシステムは、電子制御油圧式の多板クラッチが前後のアクスルに、駆動力を可変配分。スポーティに走れば走るほど、リアアクスルに伝えられる駆動トルクの割合が大きくなる。システムの制御は、ステアリング、Sトロニック、エンジンマネージメント、エグゾーストの可変フラップなどの制御とともに、標準装備の「アウディドライブセレクト」に統合されている。

【ジュネーブモーターショー2017】アウディ RS3 スポーツバック、改良新型を初公開予定…クラス最強の400馬力

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top