合計2235馬力!! 帰ってきたゲンバラ、911ターボ&パナメーラ&カレラGTのカスタム怒涛の初公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

合計2235馬力!! 帰ってきたゲンバラ、911ターボ&パナメーラ&カレラGTのカスタム怒涛の初公開

自動車 ニューモデル

ミラージュ GT カーボンエディション
  • ミラージュ GT カーボンエディション
  • アバランシェ
  • ミストラル
  • アバランシェ
  • アバランシェ
  • アバランシェ
  • アバランシェ
  • ミラージュ GT カーボンエディション
久しく音沙汰が無かったドイツのチューナー、「ゲンバラ」が3台のポルシェカスタムを引っさげ、ジュネーブモーターショーに帰って来た。

カスタムされたのは、「アバランシェ」新型となる911ターボ、「ミストラル」と名付けられたパナメーラ、そして「ミラージュ GT カーボンエディション」と名付けられたカレラGTの3台だ。

「アバランシェ」は、前部と後部を拡張し、21インチホイールを装着したカーボンファイバーボディに、迫力のクワッドエキゾーストパイプ、エアロダイナミクスを極限まで高めたエクステリアを持ち、パワートレインは最高馬力820psを発揮する、3.8リットル水平対向6気筒エンジンを搭載する。

「ミストラル」は、22インチアロイ・ホイールを装着、0-100km/h加速を3.2秒で駆け抜けるパワートレインは、4.8リットルV型8気筒ツインターボを搭載し、最高馬力は745psに達する。

「ミラージュ GT カーボンエディション」は、その名の通り、フルカーボンファイバーボディに身を包み、最高馬力670psを発揮する5.7リットルV型10気筒エンジンを搭載する。

3台の合計馬力が2235psと気を吐くゲンバラは、スーパーカーの祭典ジュネーブモーターショーでも、存在感を放っている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top