アルピナB3&B4に改良新型登場!過去最高の仕上がりで公開へ | Spyder7(スパイダーセブン)

アルピナB3&B4に改良新型登場!過去最高の仕上がりで公開へ

自動車 ニューモデル

改良新型アルピナB3 S Bi-Turbo
  • 改良新型アルピナB3 S Bi-Turbo
BMWをベースにしたコンプリートカーを手がけるアルピナは3月3日、改良新型『B3 S Bi-Turbo』と『B4 S Bi-Turbo』の概要を明らかにした。実車は3月7日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー2017で初公開される。

B3 S Bi-Turboは、BMW『3シリーズ』がベース。B4 S Bi-Turboは、BMW『4シリーズ』がベースとなる。アルピナが、この3シリーズと4シリーズをトータルでチューニングした。

直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、ターボの改良や冷却性能を向上する変更を実施。その結果、最大出力は440hp、最大トルク67.3kgmを引き出す。アルピナによると、パワーは7%、トルクは10%高めているという。

トランスミッションは、8速AT「スイッチトロニック」。このソフトウェアにも改良を施した。

アルピナ社は1961年に創業。BMWのチューニングを行う小さな会社だったが、1964年にはその実力がBMW本社に認められ、BMW公認チューナーに。そして、1983年には、ドイツ政府から自動車メーカーとしての認証も受けた。アルピナの新車には、BMWのメーカー保証が適用される。

【ジュネーブモーターショー2017】アルピナ、最強の 3/4シリーズ初公開予定…440馬力

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top