フェラーリ812スーパーファースト、実車初公開!F12ベルリネッタから大きく進化 | Spyder7(スパイダーセブン)

フェラーリ812スーパーファースト、実車初公開!F12ベルリネッタから大きく進化

自動車 ニューモデル

フェラーリ 812スーパーファスト(ジュネーブモーターショー2017)
  • フェラーリ 812スーパーファスト(ジュネーブモーターショー2017)
  • フェラーリ 812スーパーファスト(ジュネーブモーターショー2017)
  • フェラーリ 812スーパーファスト(ジュネーブモーターショー2017)
  • フェラーリ 812スーパーファスト(ジュネーブモーターショー2017)
  • フェラーリ 812スーパーファスト(ジュネーブモーターショー2017)
  • フェラーリ 812スーパーファスト(ジュネーブモーターショー2017)
  • フェラーリ 812スーパーファスト(ジュネーブモーターショー2017)
  • フェラーリ 812スーパーファスト(ジュネーブモーターショー2017)
フェラーリは3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、『812スーパーファスト』をワールドプレミアした。

同車は、『F12ベルリネッタ』の大幅改良モデル。外装を中心に、大きくイメージチェンジ。6.3リットルから6.5リットルへ排気量を拡大したV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最大出力800ps/8500rpm、最大トルク73.2kgm/7000rpmを引き出す。

ハンドリング性能も、F12ベルリネッタから大きく進化した。フェラーリ812 スーパーファストには、フェラーリ最新の制御システムと先進の装備によって、比類ないハンドリングとロードホールディングを追求する。

フェラーリならではの妥協のないエンジニアリングアプローチから生まれたのが、初採用となるスポーツ仕様のEPS(電動パワーステアリング)。812 スーパーファストでは、この EPS をフェラーリが特許を持つサイドスリップコントロール(SSC)の最新バージョン「5.0」を含めて、すべての車体電子制御システムと完全に統合した。

また、車体制御システムには今回初めて、バーチャルショートホイールベース2.0システム(PCV)を搭載。F12ベルリネッタの高性能モデル、『F12tdf』で培った経験をベースに、ソフトウェアを進化させたPCVが、フェラーリによると、さらに機敏なハンドリングと応答時間の短縮を実現しているという。

【ジュネーブモーターショー2017】フェラーリ 812、初公開…ハンドリングも F12 から大幅進化

《森脇稔@レスポンス》
page top